フランスのさまざまな産地を知ろう!

11

フランスのワイン産地を知ろう

フランスには、数多くの銘醸地があります。しかし、主に話題に上るのはボルドーやブルゴーニュ、シャンパーニュです。 確かに、フランス国内だけでなく、世界でも最高峰のワインを造る最高の産地であることは間違いありません。しかし、フランスには他にも非常に優れたワインを造る産地が多くあります。ここでは、フランスの産地についてより深く知っていきましょう。

コートデュローヌ

ブルゴーニュ地方の南方にある地方が、コートデュローヌ地方です。北側が大陸性気候、南側が地中海性気候と南北で個性の違うワイン造りをするのがユニークな産地です。 北部はシラーという色が濃く、スパイシーな黒ぶどうを使った赤ワインが特に有名です。白ぶどうは、ヴィオニエやルーサンヌ、マルサンヌしか認められておらず、ローヌらしさ溢れるワインが楽しめます。 南部は、温暖な気候が幸いしてか数多くのぶどうが栽培されています。特に多くのが、グルナッシュと呼ばれるスペイン品種。特殊なところでは、タヴェルロゼが有名です。

アルザス地方

ドイツとの国境にある、高山性気候地域がアルザスです。 ドイツの影響を強く受けており、ゲヴェルツトラミネールやリースニングのワインが多くあります繊細な辛口から甘口まで、品質の高い素晴らしいワインを多く生産しています。

ロワール地方

ボルドー地方より北側にある、全長1000kmのロワール川を有する地方が、ロワール地方です。冷涼な地域を利用した、シャープで爽やかな白ワインが有名です。 大きく分けて4つのエリアに分かれており、ミュスカデをメインとしている地域、ソーヴィニョンブランを主体とする地域、カベルネフラン、ピノノワールなどを主体をする地域など個性がそれぞれ違います。 品質が高く、手に入れやすい価格のためフランスワイン好きにも、ロワール愛好家が多いのが特徴です。

ラングドック&ルシヨン

あまり聞き慣れない地方ではありますが、とても素晴らしいカジュアルワインを多く生産するのが、ラングドック&ルシヨン地方です。 地中海に近い場所の地域であることから温暖であり、ふくよかで丸みのある赤ワインが多く造られています。 特に有名なのが天然甘口ワインであり、酒精強化をすることでチョコレートなどとも合わせられる、特殊なワインとして注目を浴びています。

まとめ

同じ国であっても、土壌や気候によって全く個性の違うワインが製造されています。銘醸地を知ることはもちろんですが、一歩踏み込んで、さまざまな地域のワインを楽しんでみてはいかがでしょうか。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る