恥をかかないために!ワインの味の表現の意味を知る!

恥をかかないために!ワインの味の表現の意味を知る!

ワインの味わいの意味って分かる?

ワインの味わいを表現する時、若々しいとか重たいとか、さまざまな表現方法があります。 基本的には自分が感じたままの味わいを表現できれば、それ以上の表現はありませんが、やはりちょっとそれっぽくワインの味わいを伝えたいものです。 しかし、知ったは良いけれど「重いって、どういうことなの?」と突っ込まれて黙ってしまったら逆に恥ずかしい思いをすることとなりそうです。 と、いうことでここではワインの味の表現をより具体的に説明するための言葉の意味を勉強していきましょう。このことを知っているか、知らないかだけで大きく今後のワイン人生が変わってくるはずです。では、早速いってみましょう。

重量について

ワインの味わいを伝える時、最も良く使う言葉があるなら重量の表現でしょう。重い、軽い、と飲んでみれば大抵の方は分かることですが、ワインの何が重くて軽いのでしょうか。まず、重いというのは酸味が少なく、さらにアルコール度数が高いワインを指します。ずっしりと濃厚なイメージが重いという表現です。 逆に軽いとは、アルコール度数がやや低く、さらには酸度もある程度強めと考えられます。若いワイン、爽やかな白ワインがこういった軽いという表現に合うでしょう。

渋みや年齢

タンニンは渋みのことですが、渋いとか渋く無いでワインを表現するのは少し物足りないところです。渋みを感じる度合いを収斂性と呼んでいますが、収斂性がキツいとか不快だとか、そういった表現となります。 また、まろやかとか滑らか、シルキーも渋みの表現となります。また、年齢は年老いた…という表現は珍しくどちらかというと若々しいが一般的です。 若いワインはその名の通り、若いワインに使われますが比較的フレッシュで酸味もほど良く、若いけど飲みやすいワインに使われます。どちらかというと、肯定的であり若々しくても弱い場合は頼りないという表現が合うかもしれません。

余韻や果実実、ボディ

果実実がある、という表現がありますが、これは果実が成熟した香りや味わいが強い場合に使われます。ふくよかで丸みのある、という表現も果実実の部類に入ります。温暖な気候で育つ葡萄で作られるワインは比較的この傾向が強いです。 また、余韻ですが、これはワインを飲んだ後に香りがどれほど残っているかの表現方法です。上質なワインは余韻がしっかりと長く続きます。 最後に、よく使われるボディ。ライト、ミディアム、フルとボディに付けられる言葉ですが、要するにワインの骨格を示しています。 コクであったり味わいの重量がボディとなります。カベルネソーヴィヨンはフルボディ、メルローはミディアムボディ、ガメイはライトボディといった具合です。基本的に、ワインの味を表現する時は分かりやすくややこし言わないことが大切です。一応、基本だけは押さえておきましょう。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る