常識を疑おう!ワインが本当に美味しい温度とは!?

ワインの温度

ワインの常温とは?

ワインを楽しまれる方の多くが気にするのが、恐らくワインの温度ではないでしょうか。スパークリングワインや白ワインは冷蔵庫でキンキンに、赤ワインは濃厚さを味わうために常温で。 ワインの常識として良く言われていることですが、本当のところはどうなのでしょうか。ここでは、ワインの温度についてを考えていきます。では、早速いってみましょう。

ワインの適温

ワインの温度というと、赤ワインは常温で白ワインは低めの温度と言われています。その理由は、赤ワインは濃厚さを楽しむものであり、スッキリとシャープな味わいではダメだからです。 逆に白ワインは温度が高まることにより、シャープさが無くなり、どこかぼやけた味わいになってしまいます。そのため、温度を下げてキリっと酸味を楽しみたいということでしょう。確かにその通りですが、常温とはいえどの温度が適しているのか、意外と知らない方も多いようです。 まず、赤ワインの常温の話ですが、食事時に快適な温度である23度は赤ワインにとっては高過ぎる温度です。ワインの常温はヨーロッパの夏場の常温に合わせられています。 つまり、18度前後が最適なのです。白ワインも冷やし過ぎではなく、10度以下、7度以上が理想です。

赤ワインの温度は敏感に?

赤ワインは温度が高過ぎると傘下しやすくなりますので、劣化が早まる可能性があります。とはいえ、冷やしすぎると今度は収斂性が増して渋みだけを感じるようになってしまいます。 やはり、18度。この温度を守ることが必要だと言えます。しかしながら、甘みが下がるために甘みの強い赤ワインやロゼワインは、やや冷えた方が美味しくなることもあります。 理想の楽しみ方とすれば、やや低めの温度で開栓してから徐々に温度変化を楽しむのが良いでしょう。そこから、自分の適温を見つけていくのもワインの楽しみのひとつとなるはずです。

白ワインはスパークリング

日本人はキンキンに冷えたビールが大好きです。夏場、仕事終わりに冷えた生ビールをジョッキで飲み干す瞬間の幸せは、他に例えようがありません。 とはいえ、白ワインやスパークリングもスッキリシャープに冷やしすぎると、本来持っているポテンシャルを楽しむことができない可能性があります。温度が上がるとワインには甘みやまろやかさ、香りが引き立つようになります。 温度が下がれがその逆がメリットとなります。白ワインも、高価なものは香りや味の複雑さを味わうことが重要になります。ただただ、冷やしすぎることで「冷えたキンキンの白ワイン」になってしまいます。ワインに適した飲み方を楽しめば、より楽しく飲めるはずですよ。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る