今さら聞けない!ボルドーとブルゴーニュの味の違い!?

ボルドーとブルゴーニュ

フランスワインを知ること

ワインを知りはじめたばかりの人やニューワールド系のワインからワインの世界に入った人、日本ワインブームからワインの世界に一歩踏み出した方。ワインを好きになるきっかけは人それぞれですよね。 そんなワインをより深く知るためには、何といってもフランスという国のワインを知らなければなりません。 特にボルドーとブルゴーニュ。世界中のワイン愛好家や醸造家たちが、この二つの地方を目指すために日々研鑽を続け、洗練されたワインを造り続けています。 ボルドーにブルゴーニュは聞いたことがあるけれど、味の違いや個性を説明しろと言われても困ってしまう。そんなワイン好きの方にこそ読んでいただきたい内容になっています。では、早速いってみましょう。

ボルドーとブルゴーニュを知る理由

ニューワールド系からワインが好きになった方の多くは「フランスワインは高く、ニューワールドは安くて品質が高い。 だから、別に知らずとも良い」という意見を持つ方もいます。なぜ、ボルドーとブルゴーニュを知る必要があるのか。 それは、この2地域で栽培されているぶどう品種がニューワールドに持ち込まれ、2地域の土壌や醸造技術を目指す造られ方をしているからなのです。ニューワールドは、この2地域を目指しているのです。 そのため、本物を知っておくことでよりニューワールドワインの素晴らしさが理解できる、というわけなのです。

ボルドーの味わい

では、早速ボルドーの味わいの特徴について紹介します。まず、ボルドーのワインは色が濃くタンニンが強めと言われています。 カベルネソーヴィニョンが重厚な果実味を作り、それをメルロやカベルネフランのまろやかさが上手にカバーするといった感じです。 ボルドーワインは基本的にはブレンドで造られており、その比率の仕方でもシャトーの腕が試されます。 とはいえ、使われるぶどう品種の比率で全体のバランスを取れるため、ハズレというワイン少ないのが実態です。堅実で真面目に造られたワインと言えるでしょう。

ブルゴーニュの味わい

一方、ブルゴーニュのワインの特徴はずばり、鮮やかで酸が強いという部分です。ブルゴーニュのプルミエクリュやグランクリュ、各種AOCの多くはピノノワールで造られます。 さらに、カテゴリランクが上の赤ワインは全てピノノワールです。ボルドーと違い単一品種で造るため、ぶどうの善し悪しが前面に押し出されます。 ロマネコンティやジュベルシャンベルタンなど、長期熟成に耐えうるワインも造りますが、若いワインが多いようです。重厚というよりは、洗練という言葉が合うワインが多いですね。

まとめ

ボルドーのワインは重厚でタンニンが強く濃い、ブルゴーニュは酸が強く軽やかで鮮やか。これが、基本です。 もちろん、セオリーを覆すようなワイン造りをする場所もありますが、大半が前述した味わいを出しています。ぜひ、飲み比べてその違いを楽しんでください。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る