レストランでワインデビュー!ホストテイスティングの意味とは!?

レストランでワインデビュー

ワインは自宅で日頃から楽しむことが重要です。とはいえ、レストランで高級ワインを注文することも、ワイン好きの楽しみのひとつです。 近頃、ワインを好きになり、より数多くのワインを飲みたくなっている方はレストランに憧れはじめている頃でしょう。 しかし、レストランでワインを楽しむ際、避けて通ることができないのがホストテイスティングです。ソムリエからワインを差し出され、さまざまなアクションを起こさなければなりません。 一体、どのように振る舞えば良いのか…。ここでは、レストラン初心者の方のためにホストテイスティングの仕方や意味などについてを解説していきます。

ホストテイスティングの意味

レストランでワインを頼むと、ソムリエがボトルを持ってきて目の前で開栓してくれます。そして、香りなどを嗅いだ後にホストのグラスに少量注いでくれます。 さて、ここからがホストテイスティングです。このホストテイスティングなのですが、意味としてはワインが劣化していないかの確認です。 美味しいワインだとか、熟成しているとか、その特徴を言い当てるためのテイスティングではありません。あくまで、品質チェックなのです。そのため、極端な例を挙げれば香りを嗅いで飲んで「問題ありません」と答えるだけで良いのです。

問題がある場合とは?

ホストテイスティングでワインに問題がある、という場合は殆どがブショネというカビ臭です。実は、コルクはトリクロロアニソールというカビ臭を引き出す成分を稀に発生させます。 数十本に一本の割合で発生する、と言われているほどに案外頻繁に起こるものですので、オカシイと気付いたら直ぐに確認してもらうのが良いでしょう。 新しいものと交換してくれます。ホストテイスティングの意味合いとしては、これは開栓しないと分からないということです。 そのため、このブショネを確認してもらうために、ホストテイスティングがなされるのです。ちなみに、このブショネは体に害があるわけでは無いので飲んでしまっても問題はありません。しかし、やはりダンボールに生えたカビ臭さがあるため、飲み続けるのは精神衛生上良くありません。

香りだけで分かれば通

ワインを大量に飲んでいるプロや愛好家の方たちが、ホストテイスティングは香りだけでも判断できます。わざわざ飲まなくても、危ないワインでは無いと確認できたら飲む必要は無いのです。 そのため、ぐるぐるとグラスを回し続け、さらには飲んだ瞬間に「まろやかなアタックでプラムの香り…」などと、いうことは的外れということですね。ぜひ、覚えておきましょう。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る