フランスワインを選ぶならここを見ろ!手軽にわかるカテゴリ集!

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%92%e9%81%b8%e3%81%b5%e3%82%99%e3%81%aa%e3%82%89%e3%81%93%e3%81%93%e3%82%92%e8%a6%8b%e3%82%8d%ef%bc%81%e6%89%8b%e8%bb%bd%e3%81%ab

フランスワインの格付けは面白い!

ワイン大国と言えばフランス。誰がなんと言おうと現代のワインブームを作った立役者はフランス以外にありません。 そんなフランスでおいしいワインを選ぶ時の基準となるのがAOCという表記。こちらは、地理的表示内容を表している言わばそのワインの出所を示している印となります。 本来、こういった原産地呼称制度的なものはポートワインが始まりとも言われていますが、国全体の産地をこのように格付けしていったのはフランスが始まります。 AOCを名乗るためにはさまざまな法律を守らなくてはなりませんので、結果的に農家やワイン生産関係者はとても苦労するわけです。消費者にとってみればとてもありがたい法律ですし、これらの格付けがあってないようなものの国のワインに比べれば購入目安になるのでよいわけです。 さて、ここではそんなフランスのAOCだけでなく格付けの大まかな部分を知っておきましょう。

AOCとIGP

AOCというのは、地理的表示義務のある格付けです。実は、その下にIGPという格付けもあります。以前はペイドックとも呼ばれていたのですが、2009年のヴィンテージ分からはIGPとなっているはずです。 AOCはかなり厳しい基準がもうけられているのですが、IGPは比較的まだ緩い法律内容となっています。例えば、ボルドーで作られたブドウでボルドーの名前で販売するためには、AOCの場合は畑の位置やアルコール度数、さらにブドウは必ずボルドーのものを使わなければなりません。 さらに品種も決まっています。ボルドーでは、多くがカベルネソーヴィヨンとメルロなわけですが、ピノノワールは法律上使うことはできないので、どんなに素晴らしいピノノワールを栽培してワインにしても、AOCを名乗ることはできません。 一方、IGPに関しても厳しい規定はありながらもAOCよりは比較的緩い内容です。ボルドーのブドウをある程度使っていればよいとか、アルコール度数、栽培方法もあまり問われません。 そのため、出所がしっかりとはわかりませんがカジュアルでお手頃のおいしいワインと出会えるわけです。

VDFについて

デパートなどではあまり目にすることが逆にないのですが、格付けピラミッドの一番下に位置しているものにVDPという格付けがあります。こちらは、ヴァンドフランスの略称であり、要するにフランス産のワインを意味しています。 こちらは、AOCやIGPのような規定が特になく、フランスで作られたワインということであれば販売可能です。テーブルワインと呼ばれるジャンルですが、ブドウの品種やヴィンテージなども記載されていないようなものも少なくはありません。 要するに、数百円で飲むことができる家飲みワイン、ということです。手軽に手に入るであればどんどん飲みたいですが、味わいはやはりトップカテゴリーのワインとは比べ物にはなりませんね。 このように、フランスワインのカテゴリーを知っておくと購入時にはとても役立ちます。ぜひ、覚えておきましょう。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る