見やすいHPを作る3つのコツ

8e0db9690b4151a5dfbe4658f929cdba_s

見やすいホームページを作るために

皆さんは一日のうち、どれくらいインターネットを利用しますか?

スマートフォンやタブレットの登場でネット環境があれば何でもできるようになって便利ですよね。

ホームページを見るとき、どんなところに気を付けて見ていますか?

 

見やすいホームページにするためにやっておきたい3つのこと

①基本のレイアウト

②「Zの法則」と「Fの法則」

③整理整頓と優先順位

 

919faa907a8d396ef55f9b5e15d34cc9_s

 

 


 

 

①基本のレイアウト

パッと見たホームページの印象で、読んでもらえるか否かが決まります。

まずは全体像から決めていきます。

・ヘッダー

・コンテンツ

・フッター

の3つで構成すると整理されていて見やすいホームページになります。

上記3つを基本軸にして、そこから細かく内容を枝分かれさせていきましょう。

 


 

②「Zの法則」と「Fの法則」

ホームページを見るときの視線の移動をアルファベットに置き換えた法則です。

 

『Zの法則』は左上、右上、左下、右下の順に視線を移動させることで、新聞などの紙媒体で言われる法則です。

『Fの法則』は主にWebページについて言われる法則で、左上を起点に右や下方向に向けてページ全体を見る動きのことです。

無題 あるホームページの例

一般的に、人の視線の動きは左上から始まります。

左上に最も伝えたい情報を書き、そこから紐付け、読み手を先へと誘導します。

その他にも、人は規則性のある並びや関連のある内容、共通の色などを目で追う性質を持っています。

そういった規則性をうまく使いながら誘導する方法もあります。

 


 

 

③整理整頓と優先順位

Webページを見るときの視線の動きについて前述しました。

では、左上にはどのような内容を書けばよいのでしょうか?

 

●掲載予定の内容をまとめる

まずはどんな内容をホームページに載せるのか、カテゴリ分けを行い整理しましょう。

整理することで、どこに何を載せるのかうまく組み立てることができ、ユーザーが求める情報を探しやすくなります。

 

●カテゴリ別にまとめた内容ごとに優先順位を決める

優先度の高いカテゴリから順に左上に配置していきましょう。

その近くに、更にユーザーの行動を後押しし閲覧を促す内容を掲載すると、より分かりやすいページを作ることができます。

 

 

以上、見やすいホームページを作るための基本的なコツを3つご紹介しました。レイアウトだけでなく、人の視線の動き方や内容のまとめ方などにも気を付けて、きれいにまとまった見やすいホームページを作りましょう★

人気の通信教育はこちら

もっと手軽に、もっと身近に。WEBサイトを自分で作りたいなら。
web資格

WEBデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

web資料 web

検索上位表示必須。SEOの資格が取れる!!
web資格

SEOマーケティングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

seo資料 seo

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る