無酸素運動と有酸素運動の違いは?ウォーキングでダイエットを試す

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ダイエットにいい運動の仕方があったら知りたいですよね。運動を始めようと思ったら、無酸素運動と有酸素運動と呼ばれるものがあって、一体何が違うのでしょうか。どう活用したらダイエットの効率が上がるのでしょうか。これを知って、ダイエットをより速く成功できるように頑張りましょう。

有酸素運動と無酸素運動

運動には、無酸素運動と有酸素運動があります。無酸素運動と有酸素運動は、運動の時の酸素の使われ方によって分けられているので、運動仕方によってどちらも含まれる場合があります。

無酸素運動は、瞬発的な運動で、短距離走やウエイトリフティング、筋トレなどがあります。無酸素運動は、激しい運動なのでほとんど酸素を使いません。筋肉に蓄積されている糖質を消費します。

有酸素運動には、ウォーキングやジョギング、水泳などがあります。こちらは、酸素を使いますので、脂肪を燃焼させる効果があります。ダイエットにも向いています。

その他にも有酸素運動は健康面にも効果があります。体脂肪の燃焼によって、コレステロールの減少や中性脂肪が減少します。血管が柔らかくなって、高血圧の改善になります。心肺機能や骨も強化されます。脳の刺激となりボケ予防になったり、ストレス発散にもなります。

そんな有酸素運動を効率的に行うには、どうしたらいいのでしょうか。

効率よく有酸素運動をする

効率的な時間帯は朝がいいです。朝はお腹が空腹になっていて、運動をすると蓄積された脂肪から燃焼します。朝起きて朝食を食べる前の時間がダイエットには一番いい時間になります。朝食を食べた後では、食事で摂った糖質を先に消費しようとします。起床後の食前に有酸素運動を行うと、効率よく脂肪を落とすことができます。

運動時間は20分を目安に有酸素運動を行うといいでしょう。20分行うことで、脂肪の燃焼効率が高くなります。最初から激しい運動をすると、続かなかったりしますので、無理なく始められるウォーキングからやってみるといいでしょう。そして、朝有酸素運動を行うと、脳に刺激となり、脳が覚醒します。仕事や勉強に集中出きて効率が上がったり、脳がすっきりしてひらめきが生まれやすい状態になります。

運動と筋トレを併用してさらに効果アップ

また、筋トレを併用すると脂肪が落ちやすくなります。筋トレからウォーキングの順番で行うようにします。筋肉に負荷がかかると、成長ホルモンが分泌されるためです。成長ホルモンは、寝ることでも分泌されますが、筋トレでも分泌されます。成長ホルモンと言えば、若い時に骨を伸ばしてくれるイメージがありますが、他にも脂肪の分解を助けてくれるホルモンなのです。筋トレをした後の15分~30分の間に成長ホルモンはピークになります。筋トレをした後にウォーキングを20分したあたりで、脂肪を分解しやすくする効果が重なりますので、ダイエットをするなら効果的と言えるでしょう。

筋トレは自分の気になる部位を使った運動をするといいです。太ももならスクワット、お腹なら腹筋といった運動を行います。ゆっくり動くように筋トレをすると、鍛えたい部位がきちんと震えていることがわかります。部位を確認しながら筋トレを行うようにすると、引き締める部位を確認できるので実践してみて下さい。

いかがでしたか。筋トレをして、代謝を上げてから有酸素運動に取り組むとダイエットに効果的です。有酸素運動を行って、ダイエットをして、健康な体を手に入れましょう。

 

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ