グッズで歩くのが楽しくなる!グッズを揃えてウォーキングに出掛けよう

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ウォーキングのグッズは沢山あります。自分で欲しくて選んだものを身につけると、なんだか楽しくなりますよね。あると便利で快適なものがあると使ってみたくなって、ウォーキングの意欲も高まります。そんなグッズを探しに行きましょう。

 

ウォーキングシューズ

これがあると、普通の靴よりも疲れにくくなり、足を痛めにくくなります。コンクリートの路面を歩くことも考えて、クッション性があり靴底がしっかりしているものを選びましょう。汗も掻いて蒸れますので、風通しの良いメッシュ生地のものを選びましょう。防水機能があるシューズもありますので、雨の日も役に立ちますね。

色やデザインも豊富に揃っています。人の目を引き、目立ちやすい蛍光色のシューズを選ぶと自転車や車から見えやすくなります。

 

服装

汗を掻くので、夏はTシャツと短パン、冬はジャージを用意するといいでしょう。ウォーキング時に、サイズが大きいと、ものに引っかかって危険です。また、サイズがきついと締め付け過ぎて血行障害を起こしますので、自分に合ったサイズを選びましょう。洗濯もしますので、2セット以上あるといいでしょう。

靴下は、厚手のもので靴の中でずれないものを選びましょう。靴の中で、靴下が動くと摩擦によってマメが出来てしまいます。足底を保護してくれる、厚手のぴったりしたサイズの靴下を選びましょう。適度な締め付け感があると、血液循環が良くなります。

帽子は、日差しや紫外線を防いでくれます。暑さで蒸れますので、メッシュタイプのものを選びましょう。頭のサイズを簡単に調節できるタイプの帽子を選ぶと、自分で緩めたりできますね。

 

スティック

ウォーキング時の姿勢を正しくしてくれたり、体力に自信がない人の支えとなってくれます。お店で高さを相談して、購入しましょう。また、スティックを落としにくいようにヒモがあるものを選びましょう。汗でグリップがすべる時は、滑りにくい手袋を用意するといいです。

 

バックと小物

ウォーキングに邪魔にならないように、最小限のものを選ぶといいです。小さめのリュックやウエストポーチが使いやすいです。ペットボトルや水筒を持ち歩くので、飲み物が入るサイズは重宝します。お店で買ったペットボトルも、全部飲みきれない場合に持ち歩くことができます。

けがをしたりすることも考えて、絆創膏、テーピング、塗り薬を持ち歩くといいでしょう。

夜間にウォーキングを行う場合は、身につけられる反射板や、手を使わないヘッドライトを用意すると両手が塞がらないので安心です。

 

歩数計

自分で歩いた歩数がわかります。歩数機能だけのシンプルなものは、100円ショップにも置いてあります。消費カロリーが出るもの、腕時計タイプのもの、スマートフォンと連動しているものなどの変わったタイプが出ています。

 

音楽プレーヤー

スマートフォンの音楽機能だと、いざという時に電池が切れては意味がありません。そんな時は、音楽プレーヤーを別に用意しておくといいでしょう。イヤホンのカラーを季節に合わせて選んで、さわやかな気持ちでウォーキングができます。

 

スマートフォンや歩数計、音楽プレーヤーを入れる、腕用のポーチもあります。便利で楽しいグッズを身につけて、ウォーキングへ出掛けましょう。

 

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る