ウォーキングで糖尿病は予防できるのか。運動と血糖値の関係は?

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

健康診断で生活習慣を指摘されてしまった。生活習慣病に糖尿病って聞くけれど、どんな病気かわからない。適度に運動をしましょうと言われても、運動なんてしたことがないからどうしたらいいのかわからない。そんな方でもこれを読めば大丈夫。食事と運動と血糖の関係からゆっくりみていきましょう。ウォーキングで糖尿病は予防することが出来るのでしょうか。健康を維持して、楽しく元気に過ごせるようになるといいですね。

 

糖尿病とはどんな病気なのか

糖尿病は、1型と2型に分けられます。1型糖尿病は、膵臓から出る血糖を下げるためのインスリンが出なくなってしまうものです。子供や若い人に多い特徴があります。インスリン治療が必要になります。2型糖尿病は、インスリンの効果が出にくくなったり、インスリンを分泌するタイミングが悪くなってしまうものです。肥満、運動不足、ストレス等が原因で中高年に多い特徴があります。日本人の糖尿病患者さんの95パーセントが2型糖尿病です。運動することで予防することができるのは、2型糖尿病の方になります。

 

食事と血糖値の関係

食事と血糖の関係から見ていきましょう。健康な人は、食事で炭水化物を摂取すると身体の中でブドウ糖が作られ、血液中に送られて細胞の中でエネルギーとして利用されます。この血液中のブドウ糖が血糖です。食事の時に血糖が上昇し始めると、膵臓からインスリンというホルモンが出て、全身の臓器細胞にブドウ糖を取り込ませることによって、血糖が下がります。このインスリンの働きがあることで、血糖が一定の量に保たれています。もしインスリンが働かなくなったり、量が少なくなったりすると、血糖が下がらずに高い状態のまま維持されてしまいます。これが糖尿病の状態です。高血糖が続くと体内の血管にダメージを与えて、血管がボロボロになってしまいます。網膜症、腎症、足の壊疽、動脈硬化からのさまざまな障害が起こります。

 

運動と血糖値の関係

運動も血糖値と関係があります。筋肉にはブドウ糖をグリコーゲンとして貯蔵しています。筋肉は運動をしないとブドウ糖の取り込みが悪くなってしまいます。取り込みが悪くなると、インスリンが効きにくい状態になってしまうのです。インスリンが効きにくくなると血糖が上昇してしまいます。

運動をすることによって、血糖は下がります。どうして下がるのかというと、運動時には大量のエネルギーが必要になります。そのエネルギーのもととなる血糖が大量に消費されるので、血糖が下がります。運動で血糖がコントロール出来るのです。

 

ウォーキングで糖尿病予防

筋肉を動かしてあげることで、インスリンの効きやすい体質をつくり、血糖をコントロールして糖尿病を予防しましょう。食後30分から60分の間に血糖は上昇してきます。簡単にいつでも始められる運動としてウォーキングがあります。食後30分を目安にウォーキングを始めると、血糖値の急激な上昇を抑えることが出来ます。1回に20分程度行うと効果が出ます。適度に汗が出るぐらいに行うと、ストレス発散にも繋がりますね。

 

いかがでしたか。血糖は運動によってコントロール出来ます。インスリンの効き目も良くなります。今日から食後のウォーキングを始めて、糖尿病の予防を始めてみませんか。

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る