犬の足裏をカットするには?足回りの毛をカットする方法や注意点について

犬の足裏をカットするには?足回りの毛をカットする方法や注意点について

犬の毛をカットするとき、特に大切なのが足の裏の毛です。足裏の毛のカットは、ペットの安全を守るためにはとても重要。では足裏の毛をカットするときには、どうすればいいのでしょうか。今回は犬の足裏の毛をカットする方法や注意点についてご紹介します。

犬の足裏のお手入れが必要な理由

犬の毛のカットは全身で行われるもの。ではなぜ足裏の毛が特に重要なのでしょうか。

犬の肉球には大切な役割がある

犬の足の裏にある肉球。肉球は触り心地がよく、チャームポイントのひとつですが、実は犬にとって非常に重要な役割があります。

犬の肉球の大きな役割のひとつが、衝撃をやわらげるということ。肉球は弾力があるため、犬の身体を支えて歩いているときや着地のときの衝撃から犬の足を守ってくれます。

また、犬は肉球によって地面の状態を知ることができます。犬の肉球には様々な神経が張り巡らされていて、この神経によって地面の状態を知り、きちんと歩くことができます。その他にも肉球には、足音を消したり、汗をかいたりといった様々な役目があります。

肉球が隠れてしまうとフローリングで滑りやすくなる

では、もし毛が伸びて肉球が隠れてしまうとどうなってしまうのでしょうか。

肉球には滑り止めの役割がありますが、もし肉球を毛が覆ってしまうと、犬は止まろうと思っても、そこで止まることができません。

その結果、負担がかかるのが関節や腰。これらの部分に無理な力がかかってしまい、捻挫や肉離れ、ひどい場合には骨折や脱臼が起きてしまいます。

この影響は特に子犬や小型犬など、骨の細い犬ほど重大なもの。ダックスフントやコーギーなどは椎間板ヘルニアを発症してしまうこともあるため、こまめに手入れしてあげることが必要です。

足裏の毛のカット方法

犬の安全を守るために必要な足裏の毛のカット。では、どのようにすれば安全に足裏の毛をカットすることができるのでしょうか。

準備するもの

足裏の毛をカットするためには、まずカットするためのハサミやバリカンが必要です。ハサミの場合、家庭用のものは切れ味が悪く、上手にカットすることができません。カットの道具は長く使うものなので、ある程度高価なものであっても、質の良いものを選びましょう。

ただし、カットに慣れないときにはハサミは少し難しいもの。一方のバリカンは人間用のものと比べると刃が細かく、ケガをしにくい構造になっています。ハサミを使うのが不安な場合には、バリカンを使用するとよいでしょう。

その他、毛の流れを整えるコームなどを用意しておきましょう。

姿勢

犬の毛をカットするためには、姿勢も重要です。カット台にするための机の上などに滑り止めを敷いて犬を乗せて、犬の体を脇で抱えるようにして固定します。もし小型犬の場合には膝の上に乗せるだけでもOKです。

ここでしっかり身体を固定しておくことが、カットが成功するかどうかの鍵になります。

カットの手順

犬の毛をカットする前に、まずコームなどで毛の流れを整えていきます。このとき、指と指の間に挟まっている毛もかき出すことも忘れないように。

毛が整えば、いよいよカットの開始です。

バリカンでカットする場合、まずは音に慣らすところから始めましょう。音に敏感な犬の場合、バリカンの音を怖がることもありますので、まずは遠くで電源を入れて犬の様子を観察しましょう。

実際にバリカンを使うときには、つま先からかかとに向けて、足裏の毛の流れに逆らう方向にカットする。

このとき、バリカンの刃を肌が水平になるように注意。あまり強く刃を当てないように、皮膚に軽く押し当てるように、肉球に沿わせるようにカットしていきます。

一方、はさみでカットする場合には危険を考えて肉球にかかった毛先部分だけカットするのがよいでしょう。全体的にバリカンでカットしてから、長く伸びている一部分だけはさみでカットしていくというのも安全でよい方法です。

カットする際の注意点

犬の足裏の毛をカットするのは難しいもの。まだ慣れていないうちは、犬が暴れて肉球が傷つかないように、二人がかりでカットするのがよいでしょう。といっても、無理に押さえつけるのではなく、優しく抱きかかえて犬を安定させましょう。

足を持ち上げるときには、後ろに足をけり上げるような、自然に足が曲がる方向に関節を持ち上げるとスムーズ。

といっても、犬のカットは非常に難しいもの。犬が嫌がるような場合は時間をかけて慣らすか、専門家に頼むのがよいでしょう。

足回りの毛のカット方法と注意点

犬がフローリングの床で滑らないようにするためには、足の裏だけでなく、足回りの毛を整えることも重要です。

足回りの毛をカットする場合、まず足先の部分の毛をコームでかき出して、長くなっている部分だけカットします。

そのとき、犬が歩きやすいように足の形になるべく合わせるようにしまよう。また、かかとにも肉球があるので傷つけないように注意することが必要です。

爪切りの方法と注意点

犬の足のケアには毛をカットするだけでなく、爪切りも必要です。

準備するもの

爪を切るときには専用の爪切りを用意しましょう。また、やすりなどもあれば便利です。爪切りは日常的に行うものなので、カットの道具と同じく、よいものを揃えておきましょう。

爪切りの手順

犬の爪きりを行うときには、まず利き手と反対側の手で、肉球と肉球の間を押さえて足を固定します。

初心者の場合には少しだけ爪切りで切って、やすりで調節する方法もおすすめ。

どちらにしても、爪切りを嫌がる犬も多いので、できるだけ時間をかけずにさっと行うことが重要です。

爪切りの注意点

犬の爪の中には血管があり、もし深爪をすると痛みだけでなく、大量に出血することがあります。そのため、切りすぎは絶対に避けましょう。

もし出血してしまった場合には、しばらく強く押さえていると止血することができますが、止血用のパウダーも販売されているため、それを用意しておくと安心。

ただし、もし不安な場合には無理をせずに爪切りも専門家にお願いするのがよいでしょう。

まとめ

犬の健康にとって足のケアはとても重要。いつまでも元気で一緒に暮らせるように、きちんと気を配ってあげることも飼い主の役目です。

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ