誰でも簡単に分かる!手首のしわから分かる手相について

誰でも簡単に分かる!手首のしわから分かる手相について

手相では手のひらの線やふくらみによって性格や運命を読み解くことができますが、手首のしわによっても様々なことを知ることができます。今回は手首のしわから分かる手相についてご紹介します。

手相における手首のしわ(線)

手相を読むためにはある程度の知識が必要になりますが、手首のしわ(線)は素人でも比較的簡単にその人の特徴や本質などを知ることができます。

手首の線も手相のひとつ

手相は主に手のひらの線やふくらみ、指の形を見るものです。しかし、手首の線も重要な意味を持っています。

もちろん、誰でも年を取ると手首にはしわが増えていきますが、加齢以外でも手首にはしわが刻み込まれています。手首の線を読む手相術では、このような線を中心にその人の運命を読み解いていきます。

「手首線」と呼ばれる

手首に入っている線は「手首線」と呼ばれています。手首線についてはあまり知られていないだけでなく、実際に手相を見るときにも注目される機会が少ないものですが、流派によっては非常に重要視されることもあり、手相が極めてよい場合でも手首線によってはそれが台無しになることもあると考えられています。

手相よりも簡単に占える

手首線の特徴のひとつは、手相よりも簡単に運勢を占えるというものです。

手相には基本線と呼ばれるもの以外にも、多くの線が存在し、中には薄いものや途切れているもの、枝分かれしているものなどもあり、なかなか経験を重ねなければ性格な診断は難しいもの。

しかし、手首の点は手のひらにあらわれる相に比べると非常にシンプルなため、経験が少なくても比較的確実に運気や性格などを占うことができると言われています。

手首線がもつ意味

それでは、手首線にはどのような意味があるのでしょうか。

濃いほどポジティブ、健康的

手首の線を見るときには、まず濃さに注目します。手首線は濃くはっきりしているほど、ポジティブな要素を表します。また、手首線は肉体的な健康状態を示していて、手首線が濃い人は体力も充実していて、健康的な状態にあるということができます。

途切れていると不調、ネガティブな意味をもつ

逆に手首線が薄い場合や形が乱れている場合、ネガティブな要素を表します。この場合、体力が不足していたり、体調が乱れているサインと考えられます。

また、手首線が途中で途切れているなど形が整っていないものも、身体や心の不調を示すものだと言われています。

手首線の数が意味するもの

手首に入っている線の数は人によってまちまちですが、手首線によって運勢や性格を見るときには、本数が重要な意味を持っています。

1本… 健康状態を示す、太い・長いと健康

手首線の中で、もっとも重要な意味を持っているのが手のひらに一番近い場所にある手首の線です。

この線はその人の健康状態や体力を表しているとされ、太くしっかりしている人の場合、体力に恵まれ、長寿であるといわれています。

また、仕事運にも恵まれていて、やりたい職業に就けることも少なくありません。

逆にこの線が薄い、切れているという場合は身体が疲れていることの暗示。もし手首の線が切れている場合、身体が休息を求めていると考えることもできます。

さらに、この線が枝分かれしていたる場合、生活や仕事を変えたいという気持ちを示しています。

2本… くっきりの場合、富や財産に恵まれる

手のひらから数えて二番目の線は経済的な状態をあらわしています。二番目の線がくっきりしている場合、富や財産に恵まれ、経済的な人生を送れるという証。

また、この線が太ければ太いほど、大金をつかむビッグチャンスに恵まれます。

逆に二番目の線が途切れている、薄いという場合には経済的なピンチを暗示しています。

収入が安定しない、入った以上に出て行ってしまうなど、なかなか経済的には厳しい状態が続き、お金に苦労する可能性があります。

二本目の線が途切れている場合、経済的な苦境を示していますが、一本目の線と同様に薄くなっていたり、途切れていたりという場合には、身体と心の疲れが経済的な不調を招いていているケースもあります。そのため、まず身体と心の状態を整えると、経済的な状況が徐々に改善していく場合もあります。

3本… あまり多くない線、存在感がある

ほとんどの人の場合、手首に入っている線は一本か二本ですが、人によっては三本目の線が入っている人もいます。

この三本目の線が示しているのが、人としての存在感です。

この線の持ち主は、仕事でもプライベートでも一目置かれる存在のはず。強い影響力とカリスマ性を持っているため、成功を収め、経済的な安定を手に入れることも珍しくないでしょう。

もしその場を去ったとしても、後々まで人の記憶に残る存在といえます。

ただし、この線も薄い場合や途切れている場合、その力は弱くなります。

4本… 長寿や子宝の象徴

四本目の線が入っている人は極めて貴重な存在です。この四本目の線が表しているのが長寿や子宝。

健康で長生きし、経済的にも恵まれて、子孫が繁栄するという強い運勢の持ち主です。

ただし、この線に関しても途切れていたり、極端に曲がっている場合には意味合いが異なります。もし四本目の線がまっすぐでない場合、それは変化の最中にいることを表します。今後の人生に大きな影響が起きる可能性もあります。

また、この四本目の線は人に吉凶を併せ持つ線とも言われ、心の持ち方や考え方次第で、どちらにも傾いてしまう可能性もあります。

直線ではない手首線が意味するもの

手首の線の中には、直線以外に様々な形があり、これらにはそれぞれの異なる意味があります。

チェーン状… 疲れが溜まっている・ストレスがある

手首の線が鎖状に連なっている場合、それは疲れが溜まっていたりストレスを感じていたりする証拠。

もしかすると、体力が落ちていたり、病気の兆候が表れているというケースかもしれません。その場合、決して無理をしないことが重要。無理をして頑張り続けると、不調が悪化して深刻な事態になることもあります。できるだけ生活のリズムを整えたり、正しい食生活を送ったりと自分なりに工夫することが必要です。

このチェーン状の線は、最初は一部であってもそれが細かく広がっていく傾向にあるため、最初に異変に気付いたとき、なるべくスピード感を持って対応するとよいでしょう。

土台線… 先祖からの恩恵がある

手首の線には「土台線」と呼ばれるものがあります。土台線とは、手首のラインの中で山形に三角形を描いているもの。

この線を持っている人は、先祖からの恩恵を受けるという特徴があります。親の会社を継いだり、資産を受け継いだりするだけでなく、仕事を継ぐといった運勢も表しています。

また、血縁でなくても、師匠の後を継いだり、伝統的な技術を継承したりと言った場合にも現れることがあります。

この土台線からそのまま運命線が伸びていることもありますが、これはしっかりした土台に加えて大きな発展が期待できる線。

親から受け継いだ会社をこれまで以上に大きく発展させるといったこと以外にも、親を超える、秘められた才能が開花するといった可能性も暗示してます。

まとめ

手首の線は、手のひらに現れる手相と比べると分かりやすく、運命を読みやすいと言われています。この手首の線も手相と同じように変わりやすいものなので、こまめにチェックしてみると自分の運勢の変わり目をつかみやすくなります。

手相資格

手相について

手相資格
少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ