自分の運勢は大丈夫?手相がない人、薄い人の意味とは

自分の運勢は大丈夫?手相がない人、薄い人の意味とは

手相には様々な種類がありますが、まれに手相がない人や、手相が薄いという人がいます。では、手相がない、手相が薄いという場合にはどのような意味があるのでしょうか。今回は手相がない人や薄い人の特徴や意味についてご紹介します。

薄い手相の意味

手相が人と比べて薄いという場合、悪いことがあるのではないかと考えてしまうこともありますが、実はそうと限ったわけでもありません。

手相が薄い理由は環境や生活習慣の影響が大きい

そもそも、なぜ手相に濃い薄いが生まれるのでしょうか。実は手相は環境や生活習慣、体質といった影響を受けやすい存在。たとえば手のひらが厚い人や、力仕事・手仕事をしている人の方が手相は濃い傾向にあります。また、皮膚が薄いという場合には、細かい手相が増えるなど、持って生まれた運勢はもちろん、普段どのような手の使い方をしているかによって手相の濃さは異なります。

謙虚で控えめな人が多い

もちろん、手相が薄いことで性格的なものやその人の本質が表れることもあります。

一般的に、手相が薄いという人には、謙虚で控え目な人が多いと言われています。

組織においては高い協調性をもつ

現代社会では自分をアピールすることが重要と言われているため、謙虚で控え目というとマイナスのイメージを持ってしまう人も少なくありません。

しかし、謙虚で控え目ということは、周囲のことを考えてバランスのよい行動がとれるということでもあります。

特に企業で働く場合には、自分がどれだけ成果を上げるかということだけでなく、チームで協調して効果的に行動できるかが重要です。

そのため、手相の薄い人のほうが組織においては協調性を発揮、結果として、出世して高い地位を手に入れたり、中心的な存在となったりと、社会的に成功することも少なくありません。

薄い手相の見分け方

このように、手相が薄いからといって必ずしもマイナスの要素や性格を示しているわけではありません。

しかし、そもそも手相を人と比べることはあまりないため、自分の手相が薄いか濃いかというのもよく分からないもの。

では、手相の薄い濃いを見分けるにはどうすればよいのでしょうか。

男性の方が女性よりも濃い傾向にある

そもそも、手相は男性の方が女性よりも濃い傾向にあります。

それには二つの理由があり、ひとつは男性の方が手のひらが厚いということ。手のひらが厚いということは、溝である手相が深くなり、結果として手相が濃くなります。

また、男性は社会的にも活動することが多く、組織などでも主導的な役割を求められることが少なくありません。

その結果、男性のほうが女性よりも手相が濃くなりがちです。

自分の手相が薄いか濃いかを知りたい場合、異性ではなく同性で比べるほうが効果的です。

自分のみで判断せず、複数人と比べて判断する

また、自分の手相が薄いか濃いかを知りたいという場合、自分ひとりで判断することはせず、できるだけたくさんの人と比べるとよいでしょう。

もし自分だけで判断すると、どうしても自分の都合のよいように考えてしまうことがあります。

手相の濃い薄いは実は非常に微妙なもの。はっきりと分かるぐらい薄い・濃いということはめったにありません。

そのため、手相の濃さを知りたいときにはできるだけ多くの人と比べることが重要になります。

手相が薄いひとの性格と特徴

同じように手相が薄いという場合にも、線の多さや細かさなどは人によって大きく異なるものです。

では、手相が薄い人の中でも線の数や特徴によって、どのように性格が異なるのでしょうか。

線が多くて薄い人 

手相が薄い人の中には、薄いながらも線が多いというタイプの人がいます。

こういう人は、どちらかと言うと知的で頭の回転が速い傾向にあります。記憶力や集中力、理解力などに優れていて、チームの中では頭脳となるような存在です。また、周囲にも目配りができるため、上司からは頼られ、部下からは慕われるということも多いかもしれません。

しかし、頭が良すぎるため、どうしても考えすぎになり悩みがちになることも。また、自己主張が強いタイプではないことも多いので、すべてをひとりで背負ってしまい、結果としてストレスを溜めて心や身体のバランスを崩してしまうことも考えられます。

もし疲れを感じたときには、積極的に休みを取ることが必要です。

全体的に薄い人

手相が薄いという人で多いのが、全体的に線が薄く、数が少ないという人です。

一般的に、生命線や頭脳戦、感情線などははっきりと見えているものですが、このタイプの人は主要線であってもうっすらとしています。

もし全体的に線が薄いという場合、物事を冷静に、俯瞰して見るタイプである可能性があります。

このタイプの人は熱中して物事が見えなくなるということがなく、そのためいつも正しい判断を下すことができます。感情的になることもないため、スムージに人間関係を処理することができます。

ただし、シワが多い場合、全体的に神経質でデリケートになりがち。気苦労が増えたり、心配性になったりと、どうしてもストレスが溜まりがち。体力がないことも多いため、普段からのケアが重要になりそうです。

線別にみる性格と特徴

線が薄い人やない人の場合には、特定の線だけが薄い、消えているといったタイプの人もいます。これらの人の性格にはどのような特徴があるのでしょうか。

運命線がない・薄い人

運命線は仕事など社会とのかかわりを表す線だと言われています。そのため、子どもの頃や学生の頃などには運命線がないということも珍しくありません。また、大人になっても専業主婦など、仕事をしていないという人の場合には、運命線が消える・薄くなるといったケースもあります。

もし仕事をしているのに運命線がない場合には、あまり社会とのかかわりあいを持ちたくない、マイペースで仕事をしたいといった考えを持っているかもしれません。

もちろん運命線がないからといって悪いわけではなく、運命線がない・薄い人は趣味や家庭生活が充実して、幸せに暮らせることも少なくありません。

生命線がない・薄い人

生命線はその人の体力やバイタリティーなどを示している線です。

もし運命線がない・薄いという場合、体質的に疲れやすいということが考えられます。また、疲れが溜まっている、解決しない悩み事がある場合には、一時的に生命線が薄くなることもあります。

そうなると、ますます気が弱くなる、気力がなくなり根気が続かなくなるなど悪循環に陥ってしまいがち。

その場合、まず身体を休めることと、達成しやすい目標を定めることが重要です。

また、生命線がない・薄い人は、体力で勝負するのではなく、知性や感性が必要な仕事を選ぶことも必要です。

知能線がない・薄い人

知能線は思考や判断などを司っている線です。ただし、長ければいいというわけではなく、長い人は根気よく長期間物事を考える、短い人は短期間で決断するといった行動の違いが生まれます。

もし知能線がない・薄いという場合、それは自己主張や自信に関係していることが多いようです。もし失敗などによって自信を失っていたり、周囲の意見に流されがちになったりしているときには、知能線が薄くなることがあります。

まとめ

線の濃い薄いは常に変わっていくもの。自分の精神や身体のバロメーターになるものでもあるため、気になった方はぜひ自分の手相をチェックしてみてはいかがでしょうか。

手相資格

手相について

手相資格
少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ