悪い前兆?手相が切れている意味やそのパターン

悪い前兆?手相が切れている意味やそのパターン

手相を見ているとき、線が切れているのを見つけて不安になることはありませんか?特に生命線や感情線など主要な線が切れている場合、トラブルの前兆ではないかと心配になるはず。今回は、手相が切れていることの意味やパターン、注意点などをご紹介します。

生命線が切れている意味

手相の中で線が切れているとき、中でも心配なのが生命線の場合です。生命線はその人の健康やバイタリティー、寿命、子宝、婦人病を示すこともあり、その線が切れていると病気やケガ、事故などを心配することも少なくありません。

ただ、生命線が切れているといっても、決して悪い意味だけではありません。

生命線が切れている場合には、大きく分けてふたつのパターンがあります。

まずひとつめが、切れた生命線が内側、親指のほうに入っている場合です。この場合、生命線が切れている理由は肉体的なエネルギーが弱まっていることを意味します。生命線は親指側からスタートして手首に流れていき、線が張り出しているほど体力や気力が充実している状態。しかし、体力や気力が備わっている場合、どれだけ頑張っても体力も気力も続いてしまうため、えてして無理や無茶をしてしまうものです。特に若い頃は、無理ができるため、身体のことを考えず、仕事や遊びに熱中してしまいがち。

もし生命線が切れて内側に出ている場合は、そういった生活を改めたほうがいいというメッセージと言えるでしょう。

これまでのように健康を顧みず活動するのではなく、しっかりと自分の毎日の生活を改める必要があります。

線が切れているからといって、病気になる、ケガに合う、寿命を迎えるということはありません。ただし、今のままの生活を続ければ、確実に大きなトラブルに見舞われてしまうでしょう。

反対に、切れた生命線が外側、小指側に出ている場合には、エネルギーが強くなることを意味します。

しっかりと自己管理をして身体に気を付けている人は、中年期以降もバリバリ働き、元気に毎日を過ごせるもの。もし生命線が切れて、外側に出ている場合、年を取ったから無理はやめようと考えるのではなく、年齢を気にせず、自分のやりたいような生活を送るべきです。

このタイプの手相の持ち主は、元々の体力だけでなく、これまでの努力によってさらに強いエネルギーを持っています。

今後の人生も、そのエネルギーを活かして思う存分楽しめることでしょう。

感情線が切れている意味

感情線はその人の感情表現や愛情の深さなどを表していますが、同時に恋愛についての要素も示すことがあります。もし感情線の途中に大きな途切れや隙間がある場合、大きな別れや一生に一度といった大失恋の暗示になります。離婚や別れだけでなく、結婚話が周囲の反対によってあきらめざるを得なくなってしまう、恋人が遠くに行ってしまうなど、悲しい経験をすることもあるかもしれません。

一方、感情線が細かく細かく切れている場合、それが表しているのはその人の感情の不安定さです。特に、感情線が切れ切れになっている場合、移り気で忍耐力がない、感情が不安定、流されやすいなど、感情が安定しないことを示しています。

その場合、周囲から軽蔑されたり、信頼を失ってしまうことも考えられるため、できるだけ感情をコントロールして冷静に振舞うことが必要になります。

また、これまでつながっていたものが切れ切れになるという場合、心臓にトラブルを抱えているというケースもあります。

手相は変わるものなので、こまめに状態をチェックして、感情や健康のケアを行うことも必要になるかもしれません。

知能線が切れている意味

知能線は持ち主の頭脳に関する事柄を示しています。頭脳は身体を心を司るための重要な存在です。そのため、知能線は感情線や生命線にも影響を与えることがあります。そのため、知能線は単に思考能力の優劣や特徴を見るというだけでなく、恋愛や結婚、人間関係にもつながってくる存在です。

もし、知能線が途切れている場合、考えていることや信じていることが大きく変わってしまう出来事が待っているという可能性があります。昨日まで信じていたのとは全く価値観が変わってしまうような出会いや、これまで続けていたことをやめて新しいことが始まる暗示と考えれることもできます。もしこれまでつながっていた知能線が急に途切れたという場合には、大きなターニングポイントが近くに迫っているということかもしれません。

さらに突然知能線が途切れている場合、頭のケガや病気を暗示していることもあります。その場合、別の線に切り替わっている場合はその病気は深刻なものではないと考えることもできます。

それ以外にも、知能線は思考の安定を意味しています。そのため、途中で知能線が切れてしまう場合、文字通り「キレやすい」性格を表していることもあります。これは、急に怒り出す、暴れるといったこと以外にも、少し上手くいかないことがあるとすぐに投げ出してしまう、安定を感じると退屈してしまうといった性格の象徴である可能性もあります。

運命線が切れている意味

手のひらの中央を縦に流れる運命線は、仕事や社会運を表す線です。

この運命線が途切れて複数に分割している場合、それは人生の転換点を表しています。運命線が仕事運を表していることを考えると、転勤や転職など、環境が変わるということが挙げられるでしょう。もしかすると、リストラや出向といった、一時的には不運を感じる出来事があるかもしれませんが、それは今後の発展を暗示しているため、心配する必要はありません。

また女性の場合には、結婚や出産などのターニングポイントも意味しています。ただし、こちらもその後の線がしっかりしていれば、結婚・出産後もしっかりとキャリアを伸ばしていけると考えて構わないでしょう。

また、切れた運命線がその隣から出ている場合にも、同じようなターニングポイントと考えることができますが、ここで注意したいのが切れた線と新しい線の隙間の距離です。もしその隙間が大きな場合、まったく違う仕事に転職する可能性や、本業と副業を同時に行い、時間が経ってから本業が入れ替わるといった可能性があります。どちらにしても、運命線が切り替わっているのは悪い兆候ではありません。横から出た線が安定していれば、新しい仕事も順調に進んでいくでしょう。

また、この場合には、離婚からの再婚といった暗示も含まれています。

もし細かく切れている場合、それは不安定な社会運を表しています。特に転職を繰り返す人に多く現れる手相で、多くの職場を経験する暗示です。

本人が希望してもなかなか定職につけないだけでなく、辛抱ができない、迷いが多いといった場合にこの線が現れがちです。

ただし、手相というものはどのような努力をするかによって大きく変わって来るものなので、運命線が切れ切れだからといって、必ず転職を繰り返すとは限りません。自分に合った職場を見つければ、自然と線はつながり、その仕事に腰を落ち着けて取り組むことができるはずです。

まとめ

大きな線が途切れているのは、決してマイナスの出来事を意味しているわけではありません。一度は悪いことが起きたとしていても、その結果、より大きな幸せをつかむこともあります。もし手相が途切れていて不安になったときは、その線が途切れている意味を改めて考えてみてはいかがでしょうか。

手相資格

手相について

手相資格
少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ