一生の運勢が分かる?手相において年齢を見る方法

一生の運勢が分かる?手相において年齢を見る方法

これから自分の人生に、いつどんなことが起きるかは誰にとっても興味のあるもの。実は手相の線には、その人が持って生まれた運勢だけでなく、年齢によるターニングポイントを示していることもあります。今回は、手相における線と年齢の関係や、年齢によるターニングポイントの見極め方について解説します。

手相でターニングポイントの年齢を見る方法

人生の転機や運命が変化するターニングポイントはあらかじめ知っておくことで、備えをするだけでなく、その恵みをもっともよく受け取ることもできます。そのため、手相によってターニングポイントがいつやってくるのかを知ることは非常に重要な点になります。

流年法とは

手相の線に年齢をあてはめ、いつどのようなことが起きるのかを知る方法は「流年法」と呼ばれています。

自分の手相を見ると分かるように、手相には線の濃さや薄さ、長さ、途中で切れたり、島ができたりといった様々な形が刻まれています。

どれだけ多くの人がいても、同じ手相を持っている人はいません。いわば、線がどのような形で流れているかと言うのはその人の個性。また、手相は成長とともに変わっていくもの。その線が人の一生を表すととらえて、そこに現れるものを読み取るのが流年法です。

流年法の意味

流年法はそれぞれの線を一生の時間ととらえ、どこで何が起きるかを知るための技術です。

そのために必要となるのは、それぞれの線の長さと、その線の中のどこに問題が起きるかを読み取ることです。たとえば、線の中央を横切る一本の線が入っている場合、その線を人間の年齢に当てはめて何歳のときの出来事かということを導き出すのが流年法ということになります。

もし、何かが起こる年齢を前もって知ることができれば、起きることに対して事前に準備をすることができます。「体調面での不安がありそうだから健康検診に行こう」「仕事面でのサポートがありそうだからしっかり頑張ろう」「恋愛面で出会いがありそうだからダイエットをしておこう」など、何かが起きる前に準備をすることで、危険を避けたり、幸運を手の中につかむことができます。

生命線の流年法の見方

手相の中でも、もっとも大きく目立つのが生命線です。生命線は親指と人差し指の付け根の中間地点近くから手首に向かって伸びる線で、健康や体力、寿命、子宝など、人間が生きるための基本となる様々な運勢を示しています。

そのため、生命線が薄くなっていたり途切れたりしていると心配になるもの。もし、いつどのようなトラブルが起きるのか分かっていれば、それに対処することもできます。

基本的な見方

生命線でいつどんなことが起きるのかという流年法を用いる基本は、人差し指の付け根の幅です。この幅をひとつの単位として、生命線の中での年齢を見ていきます。

生命線はスタートの地点が15歳を表しています。このスタート地点から、人差し指の付け根一つ分進んだ地点が21歳です。さらにもうひとつ分進んだ場所が29才、次に40歳、55歳、81歳となります。

さらに、それぞれの長さの中間を18歳、25歳、34歳、47歳、67歳と区切っていくことで、生命線のどの部分が人生の中の何歳の部分を示しているか知ることができます。

生命線での流年法の注意点

生命線で流年法を用いるときには、まず最初の21歳のスタート地点を正しく導くことが重要になります。このスタート地点が誤りだった場合、後の年齢がすべてずれていってしまい、正しい判断を行えなくなってしまいます。

正しくは生命線のスタートしている場所から、人差し指の付け根の幅一つ分の場所が21歳ですので、間違いのないようにしましょう。

なお、生命線が二本ある二重生命線の場合にも注意が必要です。二重生命線は、生命線がふたつ重なっている手相のことで、生命線がひとつの場合に比べて、健康面や体力などでより恵まれているということを示しています。

もし二重生命線で流年法を用いる場合、手のひらの中央側にある生命線で年齢を測定しましょう。

生命線が途切れていたり、生命線が鎖のようになる島が現れる、他の線に遮られて十字になっているといった場合、その年齢で病気やケガ、事故といったトラブルが起きることを暗示しています。

運命線の流年法の見方

生命線と同様、手相の中でも重要なのが運命線です。運命線は、手のひらの真ん中の付近を縦に流れている線で、主に仕事や社会的な役割を表しています。また、運命線には、その人が人生に求める目的や目標、満足度などが現れているとも言われています。

さらに、運命線には環境や仕事、生活の状況の変化がはっきりと表れます。たとえば、運命線に大きな変化が現れると、それはある年齢を境に生活が激変することを示しています。そのため、流年法を用いて運命線に起きる変化の年齢を知ることは、人生を生きる上で非常に重要と考えることができます。

基本的な見方

運命線には、人生100年の運命が刻まれていると考えられます。また、運命線は人によって長さや形もばらばらの線です。そのため実際にそこに線があってもなくても、手首の部分を0歳、中指の根元を100歳として考えます。

さらに、手のひらの中央、ちょうど手首から中指の根本までの中間地点を二分割して、その真ん中の部分を30歳と考えます。まず、人生を30歳以前と30歳以後の二つに区分するというのが、運命線で流年法を行うときに大切なポイントになります。つまり、30歳より若い人や、30歳以下で起きる出来事を知る場合には、手のひらの中心から下を、30歳より年上の人や、30歳以降に起きる出来事を知りたい場合は、手のひらの中心から上を見るということになります。

30歳より若い人や、30歳以前に起きる出来事を知る場合には、手のひらから下の部分をさらに二分割します。このとき、二分割した中心の部分が20歳となります。つまり、その中心地点が25歳ということになるので、その地点にトラブルの兆候やターニングポイントが表れている場合には、それが現れている年齢には注意することが必要になります。

一方、30歳以上の人や30歳以降の出来事を知りたい場合、手のひらの中心、30歳を示す部分から上の場所を見ることになります。

このとき、30歳の少し上、運命線と知能線が交差するポイントが35歳、さらに進んで運命線と感情線が交差する場所が55歳を表します。

言い換えれば、このふたつの場所は人生の節目や転機になりやすい年齢。肉体の変わり目となる年齢でもあることから、この周辺でのトラブルの兆しには特に注意したいところです。

運命線の場合は、運命線を横切る短い横線がトラブルの暗示となります。これらの全長がある場合には、とりわけ注意したほうがよさそうです。

運命線での流年法の注意点

運命線は人によって形や長さが大きく異なる線です。特に多いのが、手のひらの中心ではなく、左右にカーブしている場合。その場合には、カーブの曲線によって年齢がスライドすることがあります。

その場合、感情線と生命線のスタート地点を横線で結んでみましょう。すると、運命線と交わる地点が見つかるはず。それを手の中央に動かすと、交わった点が中心に下りてくるはず。そこを30歳の基準として流年法を用いると正しい年齢が算出できます。

まとめ

未来にどんな出来事が起きるかを理解できれば、今自分がやるべきこともよりはっきりと見えてくるはず。もしもっと詳しい未来のことを知りたいという方は、さらに手相について詳しく調べてみてはいかがでしょうか。

手相資格

手相について

手相資格
少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ