どうして変わる?手相が変わる理由やその意味について

どうして変わる?手相が変わる理由やその意味について

手相は日々変化していくものですが、その変化には理由や意味があります。あらかじめ、その意味を知っておくことで、自分の人生におけるタイミングをつかみ、より豊かな幸運を手にすることも不可能ではありません。今回は手相が変わる理由や意味についてご紹介します。

手相が変わるきっかけや理由

子どもから成長して大人になるまでの間、同じ手相を保ったままと言う人はいません。多くの人は大なり小なり、手相が変化していくもの。では、その手相が変わることには、どのようなきっかけがあるのでしょうか。

まず、子どもから大人になるにつれての成長や経年変化が大きなきっかけとなります。たとえば、子どもの手相はうっすらとしたものですが、年を重ねるにつれて手相は深く、濃くなっていきます。

また、手相の変化の理由には、生活環境が変わるということも挙げられます。大人になり、様々な仕事に就くようになると、仕事の種類によって手の使い方も変わるもの。さらに家庭を持ち水仕事が増えるなども手相の変化に影響を与えます。

さらに自分の気持ちの変化など、精神的な成長や考え方が変わるにつれて、手相も変化していきます。

手相が変わりやすい時期や場所

それでは、手相が変わりやすい時期や、変わりやすい場所はあるのでしょうか。

一般的に、10代から20代にかけて、さらに30代は手相が変化しやすい時期と言われています。これは10代から20代、30代は、学生から社会人になる、結婚して家庭を持つなど生活環境が変わりやすい時期と重なっています。10代の頃ははっきりしなかった運命線がそれ以降濃くなるなど、顕著な変化を示すこともあります。

また、右手と左手では、よく使う利き手のほうに変化が表れやすいといわれています。

変わりやすい線と変わりにくい線

手相には生命線や感情線、結婚線など様々な種類がありますが、線によって変わりやすいものと変わりにくいものがあります。

たとえば、現実で変化しやすい出来事を表す線の場合、その線は変化しやすい傾向にあります。

たとえば結婚線は、結婚や恋愛、運命線は仕事の調子などに影響を受けやすく、変化しやすい線だと言われています。

逆に現実で変化しにくいもの、たとえば性格を表す知能線などは、一般的に変化しにくい傾向にあります。

ただし、変化しにくい線も、まったく変わらないわけでなく、少しずつ変化しています。また、変化しにくい線の場合、新しい線が「加わる」ことで運勢の変化を示すことも多いようです。

手相に縦線が増える意味

手相の変化は、詳しく見ていくことで運命が好転しようとしているのか、それとも悪い方向に進んでいるのかを見極めることもできます。

手相の変化の中でも、特に注目したいのが「縦線」です。縦線が増えている場合、運気は上昇していることを示しています。また、縦線が増えた場合には、どの指に向かっているのかを確認してみましょう。線が向かっている先によって、どのような運気が好転しているのかを読み取ることができます。

縦線が人差し指に向かっている場合

縦線が人差し指に向かっている場合、その線が示しているのは社会的な運の上昇です。仕事を認められたり、周りの人から評価を受けることによって出世する、地位に恵まれるといった幸運が訪れるかもしれません。

縦線が中指に向かっている場合

中指に伸びる縦線は、仕事運の上昇を意味しています。仕事が成功する、いい仕事ができるといったことのほかにも、現在の仕事が次の大きな仕事のきっかけになるといったことも考えられるので、目の前にある仕事に全力で取り組むと運がさらに開けるでしょう。

縦線が薬指に向かっている場合

縦線が薬指に向かっている場合、人気運が上昇しています。新しい出会いがある、人に慕われるようになる、人に助けてもらえるなど、人間関係による幸運が期待できます。

縦線が小指に向かっている場合

小指の方向に伸びている縦線は、金運の象徴です。収入がアップしたり、思わぬ臨時収入があったりという可能性もあります。

手相に横線が増える意味

残念ながら、手相が変化するときは、運気が上昇している場合だけではありません。運気が下降・停滞の時期に入っているときにも手相が変化していきます。

そのときに注目したいのが横の線。横線は運気を遮断、どれだけ頑張っても結果が出ない、思わぬトラブルに見舞われるなど、計画を邪魔されることもあります。

横線は入る場所によってどのような運気が下がっているのかを示しています。自分のどんな運気が停滞しているのかを知ることで、無理な勝負に出たり、大きなトラブルに遭遇することを未然に防ぐことができます。

運命線に横線が入る場合

運命線は手のひらの中心に走る縦の線ですが、この運命線と交差する形で横線が現れると、仕事運の低下が始まった証しです。取り組んでいる仕事を邪魔される、妨害されるといったトラブルが予想されます。

さらに、横線が入ることは自分の能力も下がっていることを示しています。そのため、普段ならしないようなミスをしてしまう、集中力がなくなって確認を怠るといった出来事も発生してしまう可能性があります。

運命線に横線が現れた場合には、これまで以上に、慎重に仕事を進めることが重要になります。

生命線に対して横線が入る場合

生命線は健康や体調などを表している線ですが、この生命線に対して横線が入る場合は、健康や肉体のトラブルの予兆となります。病気になる、思わぬケガをするといった可能性もあるため、気になる場所がある場合は病院などを受診してみることをおすすめします。

また、自分で気づいていなくても、疲労やストレスが溜まっていることも考えられます。もし生命線に対して横線が現れたときには、しっかりと休息したほうがいいかもしれません。

とはいえ、実際にチェックしてみると生命線に対する横線は、いくつかは見つかるものです。その場合、横線が薄い場合は大した問題にはなりません。

しかし、もし横線が生命線と同じぐらい濃い場合、トラブルもそれだけ強く、大きなものになります。

その場合は、最大限の注意を行ったほうがいいかもしれません。

手相の変化を自分の人生に活かすには

手相は常に変化をし続けるもの。その変化を人生に活かすにはどうすればいいのでしょうか。

まず必要なのは、定期的に手相をチェックすることです。手相を見る習慣がないと、たとえ手相に変化が出たとしても、それを知ることができません。また、手相は早い場合は一日で変化することもあります。そのため、できるだけこまめに手相をチェックしておきましょう。

その上で、良い線が出た時には訪れたチャンスをしっかり掴むことを心がけましょう。たとえ運がアップしていても、こちらが行動を起こさなければ、事態はなにも変わることがありません。さらに、今自分がどんな運が上がっているかを知ることは、どのような行動をすればいいかという指針にもなります。

逆に悪い線が出た時には、それをいち早く察知して不運を回避することが必要になります。

運気が下がることは、どんな人にでも起きるもの。そのときには無理な行動を起こさず、チャンスが到来するのを待つことです。

そのため、悪い線が出た場合、それが消えるまで大きな行動は避けたほうがいいでしょう。

まとめ

手相は一生にわたって変化を続けるものです。さらにどんな人にもいい時期・悪い時期はあるもの。自分で手相の簡単な見方を知っていれば、線の変化を人生に活かすこともできます。

手相資格

手相について

手相資格
少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ