いいの?悪いの?手相が濃い人、くっきりしている人の特徴

いいの?悪いの?手相が濃い人、くっきりしている人の特徴

手相には大きな個人差がいますが、濃さや深さも様々なです。では、手相が濃い人やくっきりしている場合には、どのような特徴があるのでしょうか。今回は手相が濃い人やくっきりしている人の特徴についてご紹介します。

手相が濃い人とは?

手相が濃いというのは、線が深くはっきり分かるということ。そもそも、線が濃い人と薄い人の違いとはどのようなものなのでしょうか。

男性は濃く、女性は薄い傾向にある

一般的に、手相は男性は濃く、女性は薄い傾向にあります。これは男性のほうが女性よりも筋肉が多く、手のひらが分厚いため。逆に皮膚が薄い人や手のひらが細い人の場合、手相も薄くなります。

といっても、これはあくまでも一般論で、必ずしも女性だからといって薄い、男性だからといって濃いというわけではありません。

肉付きがいい人、肉体労働者は濃くなりがち

なぜ手のひらの肉が厚く、筋肉が多いほうが手相が濃くなるかと言えば、これは線の溝の深さと関係しています。手のひらが分厚く、筋肉が多いほうがぎゅっと手を握りこむことができますが、結果として同じような線に使らが加わり、線がどんどん濃くなっています。

そのため、肉体労働をしている人や手に力を入れる職業の人のほうが線は濃くなりがちです。

手相の濃さは性格に影響すると言われている

手相は線の形などで性格や運命を占う占術ですが、手相の濃さも性格に影響すると言われています。一般的に手相の濃い人のほうが薄い人よりも主張が強い、意志が強いなどの傾向にあるしょうです。

手相の濃さを知るポイント

手相の濃い・薄いはその人の本質や性格などを見極めるうえで大きな判断材料になります。

しかし、そもそも手相を人と比べるチャンスと言うのは少ないもの。自分の手相が濃いか薄いかということを知っている人も少ないかもしれません。

では自分の手相が濃いか薄いかを知りたい場合、どんなポイントがあるのでしょうか。

1人では判断できない

自分の手相が濃いか薄いかを知るとき、大切なのはひとりで判断しないことです。自分では薄いと思っていても、実は人よりも濃かったり、逆に濃いと思っていても薄かったりする場合も少なくありません。

また、自分では濃いほうだと思っていても、さらに濃い人がいるというケースもあります。

そのため、手相の濃さを知りたいときには、ひとりで判断せず他の人の助けを仰ぎましょう。

多くの人と比べた統計でみる

手相が濃いか薄いかを知るときには、できるだけ多くの人と見比べるとよいでしょう。

また、男性の場合、同じ男性同士だけでなく、異性と比べることや、同じ仕事の人だけでなく、様々な職業の人と比べると自分の手相が濃いか薄いかを判断することができます。そのため、多くの人と比べれば比べるほど、自分の手相について正しい判断を下すことができます。

手相占い師に判断してもらう

もし本当に自分の手相が濃いか薄いかを知りたいなら、やはり手相のプロフェッショナルである手相占い師に判断してもらうのがよいでしょう。

手相占い師は、なんといってもこれまで非常に多くの人の手相を見ている経験の持ち主。自分の知り合いなどと見比べていてもどうしても限度がありますが、手相の専門家である手相占い師であれば、これまでの経験から正しい判断を下してくれます。

また、手相の濃い薄いには、重要なものとそうでもないものがありますが、手相占い師であれば、ポイントを押さえて手相の意味を正しく読み取ってくれるでしょう。

手相が濃い人の性格と特徴

それでは、手相の濃さにはその人のどのような性格と特徴が現れているのでしょうか。

リーダー気質がある

手相において、線の濃さは「エネルギーの強さ」を表します。つまり、線が濃いということは、強い個性と活力の持ち主。また、同じようにエネルギーを持っている人でも、線の細い人の場合、その強さが内側に発揮させるのに対して、線の濃い人の場合、エネルギーを周囲にも発散させます。

そのため、手相の濃い人は他の人よりも目立つ立場にいたり、多くの人に慕われることも少なくないリーダー気質の持ち主と言えるでしょう。

自己主張が強い

手相が濃い人は、単に強いエネルギーを持っているだけではありません。手相の線が濃い人は、しっかりとした自分自身に対する自信を持っています。

自分が正しいと信じているため、それを誰かに伝えたり、表に出したりというときにもためらいなくはっきりと自分の考えを主張します。

ただし、自己主張が強いというと、他の人の意見を聞かない、独善的なイメージがありますが、線が濃い人の中にもしっかり人の意見に耳を傾けたり、他人から謙虚に学ぶことができる人も少なくありません。

また、手相が濃いからといって社会的な成功につながるかというとこれも疑問です。エネルギーの強さは成功には必須の条件ですが、成功にはそれ以外の様々な要素が関係しています。

そのため、線の濃さはあくまで条件のひとつと考えるとよいでしょう。

線別にみる性格と特徴

それでは、特定の線が濃い、はっきりしているという人の場合、どのような性格的な特徴があるのでしょうか。

運命線がくっきり・濃い人

手のひらの真ん中をタテに走っている運命線は、仕事や社会とのかかわりを表している線です。

この運命線がはっきりとしている人の場合、社会とのかかわりが強い、仕事が充実するといった特徴があります。そのため、子どもや若いころにははっきりしていなくても、社会に出たり、目標が定まったりしたとたんにくっきり濃くなってくるということも珍しくありません。

一般的に、運命線はどちらかというと薄い線で、それが非常に濃い場合には、天下筋の相などと言われ、仕事で大成功を収めたり、大きな権力を手に入れたりという可能性もあります。

しかし、激しい運命に翻弄されることもある手相で、逆風が吹いたときには非常に苦労することも考えられます。

生命線がくっきり・濃い人

生命線は身体の強さや生命力を表す線ですが、この生命線がくっきりしている場合、高い身体能力や体力、スタミナの持ち主だと考えることができます。

また、肉体面だけでなく精神面でもタフなことが多いため、ちょっとした失敗ではめげず、失敗してもすぐに立ち直れるという強さを表していることもあります。

ただし、健康かどうかは人それぞれで、体力に自信がある分、つい無理をして体調を壊してしまったり、ケガの原因になったりということも少なくありません。

知能線がくっきり・濃い人

知能線は、思考や知的活動に関する特徴をあらわしている線で、知能線が濃い人は知的な人ということができます。聡明であるだけでなく集中力や把握力が高いという場合も珍しくありません。

そのため、どのようなことでもすぐにポイントをつかみ、他の人よりもどんどん前に進むことができますが、把握力が高すぎるため相手の話を途中で理解してしまい、口をはさんでしまうことも少なくありません。

また、物事をしっかりと見る力にも恵まれていますが、逆にそれが理解できない人の気持ちが分からず、無意識に他人を傷つけてしまうこともあります。

まとめ

手相の濃い薄いは人の特徴を表しているものですが、同時に手相は変わりやすいものでもあります。ちょっと見ない間に大きく変化することもあるため、気になった方は自分の手相を確かめてみてはいかがでしょうか。

手相資格

手相について

手相資格
少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ