見た目が一層華やかになる紅茶用茶器

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

こだわりの茶器で紅茶淹れる所から楽しむ

紅茶を楽しむ上で、ティーカップやソーサーはもちろん、紅茶を淹れるティーポットなどの茶器も重要で、少し形状やデザインにこだわりを持つだけで、味とそれを楽しむ雰囲気が大きく違って来ます。

今回は、ご自宅で紅茶を楽しむ時間を作る為の、こだわりの茶器についてご紹介します。

紅茶用茶器として必要なもの

紅茶を楽しむ茶器として必要なものは、ティーカップとソーサー以外にも沢山あります。

ティーポット一つにしても、抽出用とサーブ用に分ける事も出来ますし、他にはティースプーン、ティーメジャー、ティーストレーナー、シュガーポットなどなど。

紅茶を作る段階から、紅茶を飲んで楽しむに至るまで、茶器を揃えることは、紅茶を楽しむ空間を構成することの一つと言えるでしょう。

ティーカップ&ソーサー

紅茶を楽しむ茶器と聞いて、一番に思い浮かぶのがティーカップやソーサーでしょう。これらは、紅茶を飲む際に実際に手に取るものですし、紅茶をお客様にお出しする際にも、最も目の触れる茶器です。

これらは形状こそそこまで大きな違いが無いものの、そのデザインなどの違いや雰囲気はこだわり始めると際限が無いとも言えます。

紅茶を入れて、好みのデザインのティーカップを眺めているだけでも、ゆったりとしてティータイムを味わうことが出来るような、紅茶を楽しむ茶器の一つです。

ティーポット

こちらは紅茶の抽出の際に必ず必要で、選ぶ際にはデザイン性と機能性の両方をしっかり見ないといけない茶器です。

抽出の際に、しっかり茶葉がジャンピングする様な形状のモノを選ぶことで、紅茶の味がより一層美味しいものとなります。

更にティーポットにこだわるのなら、抽出用とサーブ用のポットを分けても良いでしょう。

抽出専用として、ジャンピングしやすい形状のものを選びそこで抽出して、実際にお客様の前に持っていく際にはサーブ用に移し替えて持っていく方法です。

そうする事で、デザイン性だけでティーポットを選べますし、機能性だけで抽出のティポットを選ぶことが出来ます。

ティーストレーナー

ティーストレナーとは紅茶をティーポットからカップに注ぐ際に、茶葉がカップに入るのを防ぐ、茶こしをする為の茶器です。

様々な形やデザインがあるので、ティーカップなどの雰囲気にあったもの、茶葉をこす網目が細かいものを選ぶと良いでしょう。

ティーバッグトレイ

紅茶を茶葉で淹れる際には必要ありませんが、手軽なティーバッグで紅茶を淹れる事もあるでしょう。小皿でも代用は可能ですが、ティーバッグトレイとして専用のものがあり、デザインも様々なモノがあるので、ティーカップとデザインを合わせると、その場の空気感も統一出来ます。

まとめ

紅茶を楽しむ際に、茶葉だけではなく茶器にこだわる事が、紅茶の味を深くする以外にも、紅茶を飲むその場の空気感もより良い物に作り上げることが出来ます。

また、茶器はそのデザインだけではなく、紅茶を淹れる上でも少しのこだわりが紅茶の味を大きく変化させます。

ティーポットで抽出する際のジャンピングが最たる例で、上手く茶葉がジャンピングをする事で、紅茶の味をより一層美味しいものにするのです。

紅茶を楽しむ上で、茶器はとても重要なモノです。茶器にこだわる事は、紅茶をより楽しいものにしてくれるでしょう。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ