茶葉の扱い方と保存方法

茶葉

紅茶を購入する際は、リーフ・ティーバッグなどの種類がありますが、それぞれ適した保存方法があります。正しい扱い方を知らないと、せっかくの紅茶の風味を落としかねないので注意してください。今回は、紅茶の賞味期限や保存方法についてご紹介いたします。

紅茶の基本的な扱い方

リーフティーがお好きな方は茶葉を冷蔵庫に保存している人もいるようですが、この方法はあまりおすすめできません。冷蔵庫内の食材の臭いが移ることにより、紅茶の大きな魅力である“香り”が損なわれてしまうからです。

また、冷蔵庫から出した時に室温との温度差により保存容器に結露が生じ茶葉を湿気らせる原因にもなります。同様に冷凍保存をすることもお控えいただいたほうが間違えありません。

紅茶は基本的には、気密性の良い容器に入れて冷暗所に保存します。

なぜなら、紅茶は「日光」「湿度」「臭い」「酸化」により風味が損なわれてしまうからです。

保存は常温で出来るだけ空気に触れさせないようにする、また湿気の多い場所に置かないようにすることが大切です。

 紅茶の賞味期限は紅茶の茶葉は、未開封の状態なら約2年ほどの賞味期限があります。

日光や酸化に弱い紅茶は、開封した直後から劣化が始まります。開封後は出来るだけ早く飲み切るようにしてください。目安として2カ月以内に消費するようにします。

ティーバッグもアルミ包装など密封包装されているものであれば、茶葉と同様に長期間の賞味期限となっています。ティーバッグ自体が個別包装になっていても、密閉された包装でなければ、商品の箱や袋を開封した時点から2カ月を目安に早めに飲むようにしてください。開封後のティーバッグは、缶など気密性の良い保存容器に入れて保管するようにします。

 これらの目安は紅茶をおいしく飲むための目安であり、飲めないという訳ではありません。

ただし、冷蔵庫に入れていたり、密閉されていない容器に入れていると、湿度によりカビが発生する場合もあるので、注意が必要です。

紅茶の上手な保管方法

長期間、家庭で保存しなくても良いように、購入の際は約2カ月を目安に飲み切れる量を購入するようにすることをおすすめします。

開封後の紅茶を保存するときには、弱点である「日光」「湿度」「臭い」「酸化」を避けるように保管をします。

保存容器には、様々な素材や形がありますが、それぞれメリット・デメリットがあります。

ガラス製やプラスチック製の保存容器だと、臭い移りの心配は少ないものの弱点の一つである「日光」を遮断することが出来ないというデメリットがあります。

おしゃれなものが多いホーローのキャニスターも臭い移りや日光を遮断できるものの、気密性が劣るので「酸化」の心配があります。

その点、缶は遮光性・気密性ともに高く、紅茶の保存容器としては最適です。

有名な紅茶ブランドでも、良くおしゃれなデザインの缶に入れて販売していますが、それには“缶”が紅茶の保存には最適という理由があるのです。

紅茶の保存に最適な缶も、その他の保存容器を使うときも、保存する茶葉の量に合った大きさの容器を選ぶ必要があります。茶葉の量に対して保存容器が大きすぎると空気に触れる部分が多くなるためです。

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る