茶葉のグレードについて

茶葉

茶葉のグレード(等級)とは

グレードと聞くと、一般的には品質に関わるものが多く、消費者としては気になります。しかし、紅茶のグレード(等級)は一般的なものとは認識が違います。

今回は、紅茶の品質表示などで見かける茶葉のグレード(等級)には、どんな種類があり、どんな意味があるのかご紹介します。

紅茶のグレードの意味

茶葉のグレードは、品質の良し悪しには関係がありません。見た目の葉のサイズや形などの状態によって、大きく3つに分類されています。

<フルリーフ>・・・茶の葉の形そのままの全葉状態のものです。

<ブロークン>・・・茶葉を切断、砕いた状態のものです。

<ファニングス>・・・茶葉を粉砕した状態のものです。

ティーバッグなどに使用される茶葉はブロークンなど切断されたものが多くなっています。

 主なグレードの種類

茶葉のグレードには、はっきりとした国際基準はなく同じグレードであっても原産国やメーカー・工場の違いにより、形状が異なることも良くあります。

 ・OP/ Orange pekoe(オレンジペコ)

よく耳にするのが、この「オレンジペコ」です。果物のオレンジとは関係がなく、茶ノ木の枝の先端から2番目の若い葉を意味しています。茶葉の中では最も細長い形をしています。

 ・FOP/Flowery Orange Pekoe(フラワリー・オレンジペコ)

オレンジペコよりも一回り小さい茶葉で、新芽を含むものを指します。花の香りが強く出るのも特徴です。

 ・FBOP/Flowery Broken Orange Pekoe(フラワリー・ブロークン・オレンジペコ)

フラワリー・オレンジペコを一回り小さく細かくなった茶葉です。

 ・BOP/Broken Orange Pekoe(ブロークン・オレンジペコ)

オレンジペコを細くしたものです。最も出回っており、リーフティーの中では一番小さい茶葉です。

 ・BOPF/Broken Orange Pekoe Fannings(ブロークン・オレンジペコ・ファニングス)

ブロークン・オレンジペコをさらに細かくしたものです。ブレンドティーなどに多用されています。

 ・D/Dust(ダスト)

細かく粉状にされた茶葉を指します。低級のように感じますが使用される茶葉により価格は様々になります。

 一般的にはFOPのグレードは高値が付き、「F(ファニングス)」や細かくされた「D(ダスト)」などは安値になりやすくなっています。ただし、高品質の茶葉からとれたダストと、そうでないものと比較すると、また価格には大きな違いが出てきます。

 このほかにも、例えばオレンジペコなどで茶葉が大きかったり新芽が多く含まれていたりすると、ほかのものと区別するために「OP1」などと、等級に“1”をつけることがあります。また、「FOP(フラワリー・オレンジペコ)」が更にランクが付けられ、「G」「T」「S」などの文字が付けられることもあります。それぞれ「G」は金色の、「T」は新芽が多い「S」はスペシャルの意味があります。

まとめ

紅茶のグレードは、葉が生えている位置や時期、茶葉の形状により決まることが分かりました。等級が高いから美味しい紅茶だという訳ではありません。また、同じグレードでも収穫される年によっても味や香りに違いが出ることもあります。これらの基本的な知識を知ったうえで、リーフティーで楽しむ時にはペコー、ティーバッグならブロークンなど、用途に合った茶葉を選ぶようにすると、さらに紅茶選びが楽しくなりそうです。

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る