英語で紅茶を頼む時

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

紅茶は英語でブラックティー

国際線の旅客機を利用していると、必ず聞かれるフレーズがあるかと思います。「お飲み物は何になさいますか?」ここでの飲み物は機内食での定番、紅茶とコーヒーの2つから選ぼうと首をひねります。「紅茶をお願いします」そう答えてみれば、一瞬思考が止まりました。

「イギリスなどの英語圏で、紅茶を注文する時、なんといえばいいのだろう」そう思って尚のこと首をひねります。「tea or coffee?」この「tea」を英語圏で紅茶だとするなら、日本茶の場合は「green tea」となるはず、しかし、「tea」でもダージリンやアールグレイといった茶葉を指定したい時にはどうしましょう。またミルクを入れないストレートやレモンティーにしたい場合、「straight tea」と言うべきか、「lemon tea」と言うべきか迷います。日本で作られた造語で、英語圏では伝わらない言葉もあります。例えばフライドポテトやガードマンなども日本の造語で、フライドポテトはFrench fry、ガードマンもSecurity guardと呼ぶそうです。

straight teaもlemon teaも日本ではよく使われている英語、なおのこと、英語圏で伝わるのかわからなくなってきます。では、日本で使われている紅茶の言葉が英語圏では伝わるのか、試してみようではありませんか。

 

紅茶を英語圏のお店で注文する時

飛行機を降りて、イギリスの街角のカフェで一休みです。とりあえずメニューを見ても英語を話せない私には何が何だかさっぱりです。

英語でなんとか店員を呼んで、 tea pleaseと言ってみました。失礼な英語の使い方かもわからないので、おどおどしながら注文をします。店員は顔色を変えることなく注文を取って離れて行きました、ほっと一安心です。

少し経ってから、店員はカップを持ってきてくれました。中身は普通の紅茶、しかし、ティーパックが入っています。どうやらイギリスのカフェでも、ティーパックを使って紅茶を出してくれる日本と同じような形式のようです。と言うことはリーフティーを飲みたい場合は、専門の紅茶店に行かねばならないのかと疑問がわきました。紅茶が冷めないうちに口をつけると、ミルクティーにすれば美味しそうな濃厚な香り、どうやらイングリッシュブレックファーストティーのようです。気づかず物思いにふけっていましたが隣にミルクが付いています。ミルクを注いで、飲んでみればなんと上品な味でしょう。ほっと字と休みをしてからお会計を済ませて紅茶を求める旅に出かけます。

 

他の紅茶は?

イギリスで注文した際に出てくる紅茶はイングリッシュブレックファーストティーというブレンド茶が多いと書かれていました。イギリスのカフェでの紅茶といえばミルクを注いで飲めるこのタイプが多いようですね。ではアールグレイなどの茶葉を注文するならどのようにすればいいかというとそのまま茶葉の名前をいえばいいようです。

またリーフでお茶を飲みたいなら、ルースティーと言えばいいのだということ、スターバックスのようなカフェでルースティーというのもなんだか気が引けます。と言うことで、ルースティーを置いてそうな紅茶専門店や、ホテルのカフェに行ってみると、そちらだとちゃんとリーフでお茶が出てきました。英語は奥が深いです。

 

まとめ

 ①日本で作られた英語では英語圏では通じない。

 ②外国で紅茶を注文するときは、普通のカフェでは対外ティーパックの紅茶が出てくる。

 ③リーフティーが飲みたければ、ルースティーと呼ぶと良いです。アールグレイが飲みたければアールグレイをくださいと言ってしまいましょう。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ