美味しく紅茶を飲むための紅茶成分基礎知識

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

紅茶含まれている成分

 

紅茶を楽しむにおいて、味や香りを楽しむことが最も手軽な楽しみ方だと思います。

しかし、ただ飲むだけでなく、そこに含まれている成分を詳しく知ることや、効果を知ることで、その楽しみはより一層深いものになると思います。

今回は、紅茶に含まれる成分に付いて、様々な角度から分析し、その成分の特性を紹介していきます。

 

 

紅茶に含まれている成分「カフェイン」

 

カフェインがもたらす効果には『覚醒作用』が有名で、摂取することにより、中枢神経を興奮状態にすることにより、眠気の改善や、集中力の向上に効果が期待できる他、血管収縮作用による疲労の回復や、利尿作用によるデトックス効果も望めます。

カフェインは効果が強力な分良い面ばかりではなく、一日に約250mg以上もの過剰摂取をすると、覚醒作用が効きすぎるあまり不眠作用を引き起こしたり、カフェインの中毒作用により頭痛を引き起こす場合があります。

しかし、食品安全委員会が発表するカップ1杯のカフェイン含有量はコーヒーの約60mgにたいして、紅茶は約30mgと比較的少なく、通常の摂取量程度では過剰摂取にはならなさそうです。

 

 

 

紅茶含まれている成分「紅茶ポリフェノール」

 

紅茶ポリフェノールとは、紅茶に含まれる「ポリフェノール・カテキン」と様々な種類の成分の総称で、その中には、タンニン、カテキンなどの摂取する事で身体に良い効果が現れる成分です。

ポリフェノールは一般的に、高血圧予防や、抗酸化作用、がん予防にも効果的とされていて、非常に身体に良い効果が見込めます。

そんなポリフェノールの成分を含んでいる紅茶には、カップ1杯あたり約20mgもの紅茶ポリフェノール含まれているので、「1日に1杯は紅茶を」までとは言わずとも、少し興味が湧いた時に積極的に飲むだけで、健康に気を使うことが出来ます。

 

 

紅茶に含まれている成分「紅茶フラボノイド」

 

紅茶に含まれている紅茶フラボノイドは、紅茶ポリフェノールの中の成分で、中でもテアフラビンという成分が主な成分です。

テアフラビンの効果は、紅茶の鮮やかな色味を出す成分で、その鮮やかさから、繊維の染め物に紅茶が使われたりもします。

紅茶独特の色味を出す、紅茶にとって無くてはならない存在です。

 

 

紅茶に含まれている成分「アミノ酸」

 

紅茶を飲むと、非常にコクや風味のある味がしますよね?その味を出しているのが、アミノ酸という旨味成分です。

このアミノ酸は、紅茶を抽出する際の方法や温度、また茶葉によっても、出て来る量違います。

料理などでも、素材は同じでも、一流の料理人とまったく料理をしたことがない人とでは味に違いが出るのと同じで、美味しい紅茶を淹れる事が出来たときには、その紅茶を飲むときの味わいが更に深くなることでしょう。

 

 

紅茶に含まれている成分「テアニン」

 

テアニンとは、紅茶に含まれている成分のアミノ酸の一種で、摂取することにより、神経の興奮を鎮める効果が認められています。

これにより紅茶を飲むことで、リラクゼーション効果を得ることが出来るのです。

また紅茶に含まれる香気成分とのアロマのような効果も合わさって、香りと味わい、摂取による相乗効果によって、紅茶を飲むことは身体のリラックスを促します。

 

 

まとめ

 

紅茶には様々な成分が含まれています。

そしてそれらの成分が上手く組み合わさって、美味しい紅茶を生成しているのです。

その紅茶の成分を理解することで、紅茶をいれる時にもっと美味しくいれる事ができたり、紅茶に合せるお菓子を変える事によって更に紅茶を美味しく出来るたりもするはずです。

紅茶の成分や知識を広めることで、紅茶の更なる魅力が発見出来るかもしれませんよ?

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ