美味しい紅茶の入れ方

紅茶淹れ方

紅茶の楽しみ方

紅茶を入れる時はどのようにして入れていますか?
ただ葉を入れてお湯を入れて味が出るのを待つだけ、ティーバッグを入れてお湯を入れ味が出るのを待つだけだと思っていませんか?
確かに作り方としては簡単でそのような作り方でも合っています。
また、それでも紅茶の香りや味を楽しむことは出来ます。
ですが、本当に美味しい紅茶を入れる場合にはいつもよりも少し手間をかけるといいです。
ひと味違う紅茶を作るためには、どのような方法があるでしょうか。

では、美味しい紅茶の入れ方を紹介したいと思います。
参考にしてみてください。

紅茶の入れ方

美味しい紅茶の入れ方を見て見ましょう。

・水
まず、基本的な入れ方としては水から気をつけなくてはいけません。
水に違いがあるの?と思う人もいるかもしれません。
ですが、違いがあるのです。
紅茶には軟水が合います。軟水と言うのは簡単に言えば自然の水と言うことです。
市販でも自然の水と書かれている水があります。
ですが、日本の水は基本的には軟水です。なので買わなくても水道水で大丈夫です。
買う場合には、水を選ぶ時には自然の水を選びましょう。
自然の水を沸騰させるのですが、沸騰直後のお湯を紅茶に使いましょう。
お湯がぬるい、沸騰しすぎでは紅茶にとって良くありません。

・蒸らす
紅茶の葉に沸騰直前のお湯を入れ、約2~3分ほど蒸らします。
蒸らしている間、色が変わったり香りがしてきたりと変化を楽しむことが出来ます。
カップにテーバッグや葉を入れ、直接お湯を入れるよりも専用のティーポットに入れた方がいいです。
紅茶の葉の種類や何倍分を作るのかなど、葉をどれだけ入れるかによってお湯を入れる量が変わってくるので、葉の量とお湯の量を気をつけましょう。紅茶の葉が入っている袋に作り方が書かれているので確認しましょう。

・カップ
カップが何であろうとも、基本的に香りや味が変わることはありません。
ですが、カップが白色であれば、色を楽しむことが出来、紅茶がより一層美味しそうに見えます。
香り、味だけではなく色も楽しんでリラックスすることが出来ます。

紅茶をいつ飲むかはわからないけれど、毎日飲むしと多く作りすぎず、作る量は飲む分だけにしましょう。
多めに作って作り置きをすることも出来ますが、出来ればしない方がいいです。
どうしてもという場合には、飲まない量だけ冷蔵庫に入れ保管しましょう。
味が落ちるので苦みが出てきたりしてしまいます。約1~2日以内には飲んだ方がいいです。

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る