美味しい紅茶と穏やかな時間に

ティー

休日の昼下がりに、帰宅後の一息に美味しい紅茶はいかがでしょう。

ティーパックでささっと入れるだけでも十分に美味しい紅茶が楽しめますが、ちょっとしたひと手間でワンランクの「ほっと一息」の為に時間を掛けてみましょう。リラックスタイムをより楽しいものにしてくれます。いつもの紅茶をより美味しい紅茶にできる紅茶の入れ方をご紹介します。最初にティーポットとあなたのお気に入りのティーカップやマグカップを温める事からスタートです。

汲みたてので沸騰直後〜お水のタイミング〜

紅茶を入れるのに一番適しているのは「軟水」です。日本の水は「軟水」です。蛇口を捻ると最適な「軟水」という、実は美味しい紅茶を入れるには恵まれた環境だったのです。汲みたての水を沸騰した直後のタイミングの約95°~100℃で、紅茶の香りを十分に楽しめる温度にします。沸騰し過ぎても、ぬるくても香りが出ません。

そして、電機ポットではなくやかんを使って空気を含ませたお湯を使用しましょう。沸騰のタイミングは10円玉ほどの泡がボコボコと出ている状態がベスト。

いつもとは違うひと手間~ティーポットで蒸らす~

沸騰したら、お湯の温度が下がらないうちにティーポットをやかんの傍に準備します。ティーポットを温める際のお湯は捨てておいてください。ティーポットにティーパックを入れ、お湯を注ぎます。この時ティーパックに付いている紐をついクイクイと引っ張ってしまいますが、美味しい我慢していただいて、ティーポットのフタを閉じてください。

ティーパックのパッケージや箱などに蒸らし時間目安の記載があれば、それを参考に、約1~2分ほど蒸らします。ほんのっちょっと我慢してください。時間になったら、紐を数回ゆすって取り出します。取り出す時もスプーンでティーバックを絞ったりしないでください。雑味が出てしまい、せっかくの紅茶が台無しです。

あとはティーポットからお気に入りのティーカップに紅茶を注ぎ、ゆっくり楽しんでください。

「蒸らす」事で香りが活きる。

今回はティーパックで手軽に美味しい紅茶の入れ方をご紹介しました。香りも「美味しさ」の一部です。この入れ方でティーパックでも楽しんでいただけると思います。ティーパックでも美味しく入れるコツは蒸らすことです。お好みの濃さなどもあるかと思いますので、あくまで基本的な紅茶の入れ方をご紹介しました。

ここから、更に自分好みの紅茶を入れられるように研究してみてはいかがでしょう。

 

 

 

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る