美味しいリーフティーの淹れ方

リーフティーの淹れ方

リーフで淹れるストレートティーは、すべての基本になります。

様々な紅茶を楽しむために、美味しいストレートティーの淹れ方を覚えましょう。

1.100℃の熱湯を使用する

水を完全に沸騰させます。完全に沸騰していないお湯をティーポットに注いでも、

紅茶の茶葉が浮いてしまい、豊かな香りを十分に抽出できません。

水は、大きな泡が沸くくらいまで沸騰させましょう。

100℃の熱湯を使用することで、ジャンピングがポット内で起こります。

これにより、茶葉の味と香りが浸出します。

しかし、長い時間沸騰させた熱湯には、ジャンピングに必要な空気が含まれていません。

そのため、ポットに注ぐと茶葉が沈んでしまいます。これと同様に、

二度沸かしの熱湯を使用した際にも起こってしまいます。

空気をたくさん含んだ沸かしたての新鮮な熱湯が紅茶を美味しくします。

2. 茶葉の量を測る

茶葉の量を測ることで美味しい紅茶を飲むことができます。

ティースプーンに山盛り1杯が役3グラムになります。ティーカップ1杯に対して、

ティースプーン1杯の茶葉を使うのが原則です。何杯分の紅茶を淹れるかによって、

多少の加減をしたほうが美味しい紅茶になります。

ティーカップ5配分までなら、

1配分余計に茶葉を加えたほうが美味しい紅茶を淹れることができます。

これは、3杯淹れるのであれば、ティースプーン4杯の茶葉を使用するということです。

この余分な1杯は、「tea for pot(ポットのための1杯)」と言われています。

FOPやOPと言った大きな茶葉では、味と香りを増すために欠かせない1杯となります。

しかし、6杯以上の紅茶を淹れる際には、余分の1杯は必要ありません。

そのため、ティーカップ6杯分の紅茶を淹れる際には、

ティースプーン6杯の茶葉を使用します。

10杯分以上の紅茶を1度に淹れる際には、逆に1杯分減らすことをお勧めします。

大量に紅茶を淹れなければならない際には、2度に分けて入れた方が良いです。

3. じっくりと蒸らす

茶葉の入ったポットに熱湯を注いだあとは、紅茶の成分が浸出するよう適切な時間だけ、

じっくり蒸らすことが大切になります。

蒸らすのに必要な時間は、茶葉の銘柄とグレードによって違います。

ストレートティーやミルクティーなどの飲み方によっても違ってきます。

いかがでしたか?

様々な紅茶を楽しむためにも、リーフティーの淹れ方は大切です。

自分好みの紅茶を楽しむために、ベストな蒸らし時間を自分なりに研究してください。

これらのことを踏まえて、是非美味しい紅茶を淹れてください。

 

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る