紅茶消費量第1位、宇都宮の紅茶の発展

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

日本国内紅茶消費量

宇都宮といえば餃子、そして首都圏最大の市として有名です。その宇都宮では2008年に日本の紅茶消費量第一位に輝きました。

紅茶を消費している上位の都市として、横浜市、京都市、神戸市が並んでいます。横浜や神戸であるなら外国人居留地があったと言う歴史が、紅茶の文化を日本人それもその土地に住んでいた人々に知れ伝わっていったと言う経歴がありますが、宇都宮に居留地はなかったはずです。なら、宇都宮で紅茶が広まったのはなぜなのでしょうか?

まず、宇都宮を有する栃木には那須高原や、日光、鬼怒川温泉など、数々の観光スポットがあります。外国人が日本に来る際に、観光マップで京都の次に見るものが日光や鬼怒川温泉などの昔から外国人が訪れていた観光地ではないでしょうか。

また、日本人も湯治のために鬼怒川へ行き、那須高原にオシャレな休暇を楽しみに行くとなると、知らずとホテルで出されるお茶も、紅茶など異国情緒溢れる飲み物を選んで来るものです。旅行に行った時にはいつも飲んでるものでなくその土地で作られたものを食べようと思うのと一緒です。

 

栃木の和紅茶

土地で作られたものを食べたい飲みたいという点に着目すると、栃木県にはその土地で作られたお茶があるのです。江戸時代から続く茶栽培の歴史もあり、例を挙げるなら奥久慈茶(茨城県)や村上茶(新潟県)等がありますが対して栃木は茶産業の北限です。有名どころは、黒羽茶(太田原市)や、板荷茶(鹿沼市)があります。

また昨今の少子化で、茶栽培が減少していると言う報告もあり、茶産業の衰退が心配されているところです。そんな中、茶産業の新たな一面として、紅茶の栽培という取り組みが始まりました。それが、那須野紅茶(那須鳥山市)です。1999年から鳥山製茶工場から生産が始まった那須野紅茶は栃木の気候を最大限生かして作られた上質な紅茶の茶葉で、その茶葉は県内の紅茶店でも販売されています。

日本で作られた紅茶のことを総称して和紅茶と呼びますが、和紅茶は地域特産品としての面と地域での希少品としての側面を持っており、県外からやって来る観光客に物珍しい物に触れてもらうという機会を与えていると言っても過言ではないでしょう。

この栃木で作られた和紅茶は、同じ県内の衰退をたどっていた茶産業に紅茶生産で茶畑再生が出来るヒントとなっており、現在では黒羽茶の産地である太田原市須賀川地区でも和紅茶の生産が始まっています。荒廃した茶畑を紅茶を生産することによって再生し地域を活性化させようという、目的を持つ地域の方々が、やみぞあづまっぺ協議会という会を作り、地域振興に一躍貢献しています。

 

紅茶店の工場も

和紅茶など地域産業を発展させた形での紅茶栽培が紅茶の消費量につながっているのではないかとも思いますが、他の面から見ると、栃木宇都宮には百貨店にも店舗を持つお茶専門店ルピシアの宇都宮工場があるのです。ルピシアが工場を持つのが滋賀県甲賀市の滋賀水口工場と、栃木県河内群の宇都宮工場です。

日本で2つの工場のうち1つが宇都宮にあるのも紅茶栽培を行っている栃木県にとっては奇遇なことと思います。

 

オーダーメイドのブレンドティー

栃木県宇都宮に行った際にはオーダメイドのブレンドティーを作ってくれるy’s teaさんに訪れて見るのも良いでしょう。自分だけの紅茶を飲みながら、栃木の街宇都宮から日光や、鬼怒川温泉、益子などを旅して見るのも良いかもしれません。

 

まとめ

 ①日本国内の紅茶の総消費量日本一に輝いたのが栃木県宇都宮です。

 ②栃木には和紅茶の文化があり、那須野紅茶と呼ばれています。

 ③紅茶店の工場があるのも紅茶とのつながりが深いと言うことでしょう。

 ④オーダーメイドのブレンドティーも作ってくれるお店があるのです。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ