紅茶をおいしく入れる道具と使い方

選び方

紅茶は茶葉の品質や入れ方でも味が変わります。ゴールデンルールに沿った美味しい入れ方を覚えたら、道具にもこだわってみたくなります。今回は、初心者が揃えておくべき道具から、あると便利な道具まで紅茶をおいしく入れるために必要な道具をご紹介します。

紅茶を入れるために必要な道具

ティーバッグを使用して入れる場合は、最低限ティーカップがあれば良いのですが、今回はリーフティーを入れるために必要な道具を以下にご紹介します。

・ティーポット

・ティーストレーナー(茶こし)

・ティースプーン

・カップ&ソーサー

・タイマー

ティーポットの選び方

<素材>

ティーポットには様々な形や色、素材のものがあります。紅茶は鉄分を含むと味が変わってしまいますし、タンニンとの結合で紅茶が黒く変色してしまうので、鉄を含む素材は避けてできればガラス製、陶器製、銀製のティーポットを使用します。

保温性や紅茶の特性に合っているものとしては、陶器製が一番のおすすめです。手入れのしやすさで選ぶならガラス製のティーポットがおすすめです。

<形>

ティーポットを選ぶ際はジャンピングが起きやすいようそこの形状が丸い形のものが良いです。ガラス製のティーポットにはストレーナー付きのものが多くありますが、その時もジャンピングを妨げない作りになっているかにポイントを置いて選びます。

また、グラグラと沸騰したお湯を使って入れるので、持ち手の握りやすさにもチェックが必要です。

紅茶を蒸らす際は高温で保つことが重要です。そのためにティーポットの保温性を補助するティーコージーがあると便利です。ティーコージーはティーポットの上からすっぽりと被せるカバーです。

ティーストレーナーの選び方

ティーストレーナーとは、いわゆる茶こしのことです。ティーポットには茶こし機能の付いたものが多いですが、本格的な紅茶を楽しむためには1つ持っていたいアイテムです。

ティースプーンや茶葉を計るもの

ティースプーンは、コーヒースプーンよりも一回り大きいサイズのものです。必ずしも必要ではありませんが、来客用に揃えておくのも良いと思います。ティースプーンとは別に紅茶を入れる道具として計量用の「キャディスプーン」というものがあります。紅茶を好みの濃さで入れるためには必要な道具です。また、計量するための秤なども持っていると便利です。

カップ&ソーサー

紅茶を美味しく飲むためにはカップも重要なアイテムです。陶器製のティーカップが一般的です。同じ陶器でも飲み口の厚さで味わいが変わるとも言われます。有名なティーカップブランドでは薄めのものが多いです。ただし、美味しく飲むためには自分の好みに合ったデザインやサイズのものを選ぶことも重要です。

タイマーや砂時計

紅茶を入れる工程で需要な「蒸らし時間」を計るためにタイマーはあったほうが便利です。デジタルのタイマー以外にも砂時計もおすすめです。

まとめ

お家にあるもので入れても紅茶は十分に楽しめますが、せっかく優雅なティータイムを楽しむのなら、お気に入りの道具を揃えておくのも良いことです。おしゃれなものも多くありますが、茶渋が付いたまま使うようなことのないように、お手入れのしやすさも選ぶときの重要なポイントになります。

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る