紅茶をおいしく入れるお湯の条件とは

紅茶をおいしく入れるお湯

紅茶に適したお湯、つまり茶葉からおいしさを十分に抽出することのできるお湯は、軟水です。鉄分などを含まない無臭の水を沸かしたものであることが最も重要なポイントです。さらにその水が汲みたてで酸素がたくさん含まれていること、それを100℃に沸騰させたものであることが必要です。硬水は水の中に含まれているカルシウムとマグネシウムの量をあらわしたものです。紅茶には、硬度の低い軟水がよく、硬水は紅茶の成分を変化させ、風味を損ねます。特にカルシウム濃度が高いと紅茶のうまみとされるタンニンを茶葉から溶け出すのを妨害し、水色や香気も弱くさせてしまいます。日本の水は軟水ですから、水道水は紅茶に適しています。汲みたての水を完全に沸騰させていれば、おいしい紅茶をいただけます。

水道水

汲みたての水道水で問題はありません。飲んでおいしいと感じる水道水なら紅茶に適しているといっていいでしょう。ただし、都会やマンションではトリハノメタンやカルキ臭いという問題が多くあります。このような時には、まず蛇口を開き、十分に放水したあとやかんに汲んで沸騰させます。さらにやかんのフタを取ったまま2、3分沸騰させ続けます。これでトリハノメタンやカルキ臭を抜くことができます。紅茶を入れる都度、新しく水を汲んで沸かすようにしましょう。

汲み置き水

カルキ臭をとるため、水を汲み置いて使用する方法もありますが、紅茶を入れるときにはぜひ汲みたての水を使いましょう。汲み置いた水は酸素が抜けてしまっていて、おいしい紅茶を入れるための重要な要素である「ジャンピング」が起こりにくくなります。また汲み置きの古い水を使うと、水色が黒ずんでしまい、香味の失われた紅茶になってしまいます。

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターを使うとおいしい紅茶が入れられると思う人も多いのではないでしょうか。しかし、ペットボトルに入ったものは、中に空気が含まれていないのでおいしい紅茶はいれられません。また天然水や純粋は軟水なのでかまいませんが、基本的にミネラルウォーターは硬度が高いので紅茶には適していません。ペットボトルに入った天然水や純粋を使う場合には、半分は水道水など流水を加えて、空気を含ませてから使うといいでしょう。

沸かし直しのお湯

沸かし直しのお湯は、最初に沸かしてから冷める間に変質してしまいます。茶葉に含まれるおいしさの成分を取り出すための有効物質であるイオンが不足してしまいます。汲み置き水のような黒ずんだ色の香味のない紅茶になってしまいます。やはりおいしい紅茶を飲むためには、面倒でもそのつど新しい水を汲んで沸騰させましょう。

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る