紅茶の美味しい入れ方

入れ方

紅茶はペットボトルやティーバッグでも手軽に楽しむことが出来ますが、上手に入れる方法を知っていると更に美味しく飲むことが出来ます。茶葉はもちろん、水や使う道具でも味や香りが変わる簡単なようで、実は奥が深い紅茶の入れ方をご紹介します。

基本の入れ方(ゴールデンルール)について

紅茶を入れるときのお湯の温度や入れ方についてはゴールデン(黄金)ルールというものがあります。諸説あるのですが、“水”“茶葉”“道具”についてのルールは概ね共通しています。

<ゴールデンルール>

1:良質の茶葉を使用する

2:ティーポットを使う

3:茶葉を正確に計る

4:沸騰直後の新鮮なお湯を使う

5:しっかりと蒸らす

リーフティーの入れ方

ゴールデンルールに沿った美味しい紅茶の入れ方をご紹介します。

(1)用途に合った新鮮で良質な茶葉を用意します。

(2)汲みたての新鮮な水をやかんで沸かします。このとき、ボコボコと泡が出るくらいまで沸騰させます。

(3)紅茶を入れる前にティーポットとカップにお湯を入れ、道具を温めます。

(4)ティーポットが温まったら、正確に分量を計った茶葉を入れます。

(5)沸騰直後のお湯をティーポットに注ぎます。ティーカップ1杯で約150mlが目安です。この時にジャンピングが起きやすいようにティーポットの中で対流が起きやすいように上下に動かしながらお湯を注ぎます。

(6)蓋をして、しっかりと蒸します。この工程が非常に重要視されています。茶葉によって蒸らし時間は異なりますが、大きな葉で約3分、細かな葉で2分半を目安にします。

(7)蒸らし時間が終了したら、スプーンでティーポットの中をひと混ぜし、茶こしで漉しながらティーカップに注ぎます。

以上です。

複数のティーカップに注ぐときは濃さが均一になるように調整します。また、最後の一滴は「ゴールデン・ドロップ」と呼ばれ、紅茶の成分が詰まっているので、最後の一滴まで、無駄にしないよう注ぎ切るようにします。

ティーバッグの入れ方

ティーバッグで紅茶を入れるときも、ちょっとしたポイントを抑えることで美味しい紅茶を入れることが出来ます。

<ティーポットを使用する場合>

リーフティーを入れるときと同様にティーポットを温めておきます。温まったティーポットに人数分のティーバッグを入れ、お沸騰したお湯を注ぎます。

蒸らし時間は45秒から1分半を目安にします。蒸らし終わったらティーバッグを取り出します。このときティーバッグを揺らしたり絞ったりすると味が悪くなる原因になりますので、しないように注意します。

<ティーカップを使用する場合>

上記の方法と同じですが、蒸らしの工程で違いがあります。

温めたティーカップにティーバッグを入れお湯を注ぎます。

ソーサーを蓋代わりに被せて蒸らします。蒸らし時間は45秒から1分半を目安です。

美味しいアイスティーを入れる方法

暑い時期はアイスティーを飲むことも多くなります。紅茶は味と香り以外に色も美味しさを引き立てる大切な要素の一つです。失敗すると濁ったアイスティーになってしまうので、上手に入れる方法を覚えておきたいものです。

アイスティーが濁る原因はカフェインとタンニンの結合によるものです。これを防ぐには急速に冷却するようにします。

アイスティーは、温かい紅茶を入れる工程と同様の方法で、茶葉を2倍の量にして入れます。蒸らしが終わった後、氷をたっぷりと入れたティーポットに移し急速に冷却させます。さらにグラスにも氷をたっぷりと入れておくようにすると濁りのないアイスティーに仕上がります。

まとめ

せっかく飲むのなら、ゴールデンルールで美味しい紅茶を飲みたいものです。少々面倒に感じるかもしれませんが、一連の流れを覚えてしまえば難しいものではないので、覚えておくと便利です。また、アイスティーを飲んでいるときに氷が解けると濁ってきてしまいますが、この時にお湯を少し足してあげると綺麗になります。

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る