紅茶の正しい保存方法

紅茶の保存容器

紅茶の保存方法

紅茶を飲むと味と香りで心が落ち着きます。
紅茶の葉が無くなるまでその味と香りを楽しみたいですよね。
これはみんなが思うことではないでしょうか。

では、いつも紅茶を飲んだ後、どのように保存していますか?
保存の仕方によって紅茶本来の味や香りが無くなってしまうことを知っていましたか?
何度の言うようですが、どうせなら、最後まで紅茶の味や香りを楽しみたいものです。

そんなあなたのために、正しい紅茶の保存方法を紹介します。
参考にしてみてください。

正しい保存方法

紅茶を保存するのに適している環境は次のような環境です。

・室温、湿度のちょうど良い場所
・空気に触れない
・匂いの移りにくい場所
・日光に当たらない場所

以上のことが挙げられます。
使う分だけ取ったらすぐに袋を密封し出来るだけ空気に触れる時間を短くしましょう。
そして、保存場所は影の方がいいですが、出来れば冷蔵庫には入れない方がいいです。
どうしても入れる場合には開封している部分をしっかり閉じて入れましょう。
知っていると言う人もいるかもしれません。ですが、再度このポイントは特に気にしましょう。

良い保存の仕方

先ほどのポイントを知った上で、1番良いとされる保存の方法を紹介します。
袋から容器に入れ替える場合は、陶器やガラス、アルミでできた容器に入れると臭いが移りにくいです。
袋のまま瓶や缶に入れても構いません。
瓶や缶に入れれば密封されるのでいい状態で保存が出来ます。
袋のままで保存してもいいですが、空気が触れないように必ず密封をしましょう。
袋のままの場合、アルミ袋や遮光性のある袋に入れるのがいいです。

保存期間

紅茶の保存期間の目安を見てみます。

缶に入っている場合、開封前で約3年間で開封している場合は、約2~3か月です。
ティーバッグの場合、開封前で約2年間で開封している場合は、缶と同じく約2~3か月です。
ですが、本来の味や香りを楽しみたいのであれば、開封前で約1年、開封してからは約1~2か月で飲むのがいいです。

最低限、賞味期限は箱や袋に書かれているので確認をしましょう。
賞味期限が切れたから決して飲めなくなったと言うわけではありませんが、月日が経つにつれて味や香りは本来の物とは違っています。
本当に美味しい紅茶を飲むためには賞味期限を守りましょう。
そして、開封した後は早めに飲みましょう。

色々な紅茶を集めたいと家にストックする気持ちも分かりますが、買う時には出来るだけ買いだめはせず、飲める量だけを買って楽しむ方がいいです。

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る