紅茶の効能について

紅茶の効果

紅茶には、身体に良い効果がいろいろあります。

老化やボケ防止、糖尿病防止、肥満防止、二日酔い防止、整腸作用、抗菌作用、

虫歯予防、抗ウィルス作用、シミ、シワ予防、覚醒作用、利尿作用、疲労回復、

消化促進、コレステロール低下、骨粗鬆症予防、等です。

しかし、お茶に使用する茶葉は3グラム程度です。

カップの中に含まれている有効成分は、極微量とされます。

これらの効用は、主にカテキン類とカフェインによってもたらされます。

1. カテキン類

紅茶に含まれる物の多くは、「タンニン」です。

紅茶の独特の水色になるのが、この物質です。

カテキン類は、活性酸素を抑える働きがあります。

解毒作用や抗菌、抗ウィルス作用、整腸作用があります。

食後に一杯飲むことで、食中毒の予防、口臭予防、風邪予防ができます。

最近の研究により、コレステロール調節、

骨粗鬆症にも効果があることが判明しました。

1. 活性酸素とは?

活性酸素は、身体の中に侵入してくるバイ菌、

有毒物質を取り除く殺菌の役目をしてくれる大事な物質です。

しかし、最近の急激な環境汚染により活性酸素が増加し問題となっています。

活性酸素は増えすぎると、体内の細胞を破壊し参加させます。

細胞が酸化することは、老化するということです。

また、活性酸素はガン細胞を作り出したり、糖尿病、動脈硬化、

アトピーや花粉症の原因とされています。

このような活性酸素の働きを抑えることで、制ガン作用、腫瘍の増殖や移転を抑制、

糖尿病予防、老化、ボケ防止、血圧の低下、等に期待できます。

2. カフェイン

カフェインは、覚醒作用を持つ物質です。

カフェインの別名は、アルカロイドと言います。

覚醒作用の他には、利尿作用、疲労回復、消化促進などの作用があります。

カフェインを摂った後で運動すると、

体脂肪が燃焼しやすくなるという効果もあります。

しかし、空腹時にカフェインを摂取してしまうと胃を荒らしてしまうことがあるので、

気をつけてください。

紅茶に含まれているカフェインは、タンニンと結合します。

そのため、カフェインの効果が現れるのが緩やかで優しいです。

3. 紅茶は食後の1杯に飲む

紅茶は、ご飯を食べ終わった後に食後の1杯としてお勧めします。

紅茶には、わずかながらフッ素が含まれています。

フッ素は、歯の表面のエナメル質を丈夫にし、

毎日続けることで虫歯になりにくくなります。

また、紅茶は殺菌力が優れているため、虫歯予防、食中毒の予防にも役に立ちます。

いかがでしたか?

紅茶を飲むことで得られるメリットの大きさに驚いたのではないでしょうか?

是非、食後の1杯に飲んでください。

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る