紅茶の効能と美味しい入れ方

紅茶は、日本の緑茶やコーヒーと並び、人気の高いお茶です。紅茶は、美味しいだけでなく、様々な健康効果があることでも注目を集めています。今回は、健康に役立つ紅茶の効能と紅茶の入れ方についてご紹介します。

紅茶とは

紅茶は、元々は日本茶や烏龍茶と同じ茶樹から作られたものです。緑茶や烏龍茶との違いは、その発酵過程にあります。緑茶は茶葉を発酵せずに作れられています。また、烏龍茶は少しだけ発酵させる半醗酵という製法で作られています。

それに対して、紅茶は茶葉を完全に発酵させて作られているのです。

お茶にはそれぞれ健康効果がありますが、紅茶においては、この完全な発酵にこそ効能が隠されているのです。

 紅茶の種類について

良く知られる種類では、ダージリン、アールグレイ、アッサムなどが挙げられます。紅茶の種類は主に産地や階級、摘み取りの時期などにより種類分けされますが、世界三大紅茶と呼ばれる「ダージリン」「キーマン」「ウバ」の名前は、紅茶の産地に由来するものです。

 紅茶の効能・健康効果

 紅茶には健康にうれしい効能が様々あります。

種類

 <リラックス効果>

紅茶の香りにはアロマテラピー効果があります。その効果の生み出しているのは、紅茶のうまみ成分でもある「テアニン」です。ストレスを緩和しリラックス効果があるだけではなく、テアニンには眠気を起こさないという利点があり、勉強や仕事の合間のリフレッシュにも最適です。

 <ダイエット効果>

紅茶のカテキンには糖分分解酵素があります。また紅茶に含まれるカフェインには脂肪の燃焼を促進させる作用があります。

 <美容効果>

紅茶には活性酸素を除去する働きのある紅茶フラボノイドやテラフラビンが含まれています。これらの働きによる抗酸化作用で美肌や健康促進など、アンチエイジングの効果が期待できます。

 <その他にも>

紅茶も他のお茶のように殺菌作用があるとの報告があります。紅茶に含まれるカテキンやフラボノイドには抗酸化作用や悪玉コレステロールの抑制効果が期待できます。

また、紅茶にはフッ素が含まれており、虫歯予防にも良いです。

 紅茶の美味しい入れ方

淹れ方

紅茶をおいしく飲むには、いくつかのポイントがあります。

重要な点としては茶葉の量とお湯の温度です。

茶葉の量やお湯の温度が最適でないと、せっかくの良い茶葉も渋みが出てしまうので、注意が必要です。

 ・茶葉の量

種類により異なりますが、一般的に紅茶カップ1杯を入れるためには、2.5g~3gの茶葉の量が最適です。

 ・水の種類とお湯の温度

お湯の温度はしっかりと沸騰させて、ぶくぶくと泡が出るくらいのものを使います。

また、紅茶を入れる際に使用する水の硬度によっても味は変わってきます。

紅茶は硬度の低い水で入れるほうが最適です。日本の水は軟水なので紅茶を入れるにはあっています。ミネラルウオーターで入れる際には「硬度」に気を付けて硬水は使用しないようにしてください。

また、使用するお湯はやかんでグラグラ煮立たせたような空気を多く含むものを使用すると、より美味しくなります。これは、紅茶を入れる際に必ず行う蒸らしの工程に大きく関わりますので、この点にも気を配り入れると美味しい紅茶を入れることが出来ます。

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る