紅茶の健康効果

リラックス

世界中で愛されている紅茶は、日本人の我々にも毎日の生活に欠かせなくなってきています。そんな紅茶に含まれるカフェインやポリフェノールが体に良いことが、だんだんと知られてきています。今回は、健康促進だけでなく、病気の予防などにも様々な効能がある紅茶の健康効果をご紹介します。

リラックス効果

紅茶を飲んでリラックスできると感じることが多いと思いますが、これは紅茶に含まれるテアニンによる効果です。テアニンは旨味を出すアミノ酸の一種で、その最大の効能はストレスを緩和しリラックス効果をもたらすことです。また、このテアニンのリラックス効果の特徴として眠気を起こさないという利点があります。

健康促進効果

紅茶にはビタミンやミネラルが豊富に含まれており、健康や美容に嬉しい効能がある栄養素もたくさん入っており、下記のような健康促進作用が期待できます。

<虫歯予防>

紅茶に含まれるタンニンやテラフラビンには歯垢を予防する効果があります。また、タンニンの中には市販の歯磨き粉などにも入っているフッ素が含まれています。フッ素は歯のエナメル質を強化する働きがあります。

<胃腸にも>

紅茶に含まれるカフェインには胃酸の働きを助ける作用があるので、消化不良の改善に効果が期待できます。また、下痢の時に飲むとタンニンの働きで腸の収れん効果が得られるので、症状の緩和に期待ができます。

<花粉症対策>

ある研究では花粉症などのアレルギー反応の約50パーセントを抑えることが出来るというデータがあります。まだ臨床データがないので確実とは言えませんが、アレルギーに対して何らかの効果があると期待が高まっているのも事実です。

<口臭予防>

カテキンの働きにより口内の雑菌の繁殖を防ぎ口臭予防に効果があります。

病気の予防効果

<生活習慣病>

紅茶フラボノイドには抗酸化作用があり、血中コレステロールを抑制する働きがあります。これは高血圧や動脈硬化など生活習慣病の予防対策にもなります。

また、紅茶の抗酸化作用は老化の抑制つまりアンチエイジング効果があり、健康と美容にも効果があります。

<抗菌作用>

紅茶の抗菌作用の大きなメリットは、乳酸菌など腸内の善玉菌には影響がないという点です。紅茶の抗菌作用は緑茶よりも強くボツリヌス菌やコレラ菌、一般的な食中毒を引き起こす細菌への殺菌効果があることが確認されています。

また、ピロリ菌に対する効果も一定の効果が認められています。

<さらには>

紅茶ポリフェノールにはがん細胞が血管に付着することを大きく阻害する働きがあります。様々な部位の癌で実験が進められており、癌の予防には一定の効果が認められています。

飲みすぎには注意を

健康に良い効果がある紅茶ですが、飲みすぎると様々な悪影響が出る子可能性もあるので、多くても1日2~3杯程度までにしてください。

まとめ

紅茶には、思ったよりもたくさんの健康促進効果があることが分かりました。医学の方面でも紅茶の効能には注目が集まり、様々な実験も進められています。臨床データがないもののアレルギー対策や、癌やエイズなどの重い病気の改善にも役立つ効果がありそうです。

紅茶の抗菌作用は、風邪やインフルエンザ予防にも手軽に取り入れられるので実践してみてください。

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る