紅茶の保存には密閉できる「缶」が最適

紅茶は一度開封したら、香りがどんどん逃げて行ってしまいます。なるべく早く飲みきるのがいいのですが、家庭では1回ですべてを使い切るなんてことはできません。そんな時、みなさんはどうやって紅茶を保存していますか?保存方法を間違えると、紅茶の味や香りが台無しになってしまいます。できるだけ長くおいしい紅茶を飲むために気をつけておきたい保存のポイントをご紹介します。

 紅茶をおいしく保存する方法

1.高温多湿を避ける

紅茶の茶葉はとてもデリケートです。高温多湿の環境は避け、温度変化の少ない室温で保存するのが基本です。冷蔵庫や冷凍庫での保存はあまりおすすめできません。冷蔵庫や冷凍庫から出すと、室温との差で容器の中に水滴がつくことがあります。容器の中に水滴がつくと、茶葉が湿気をおびてしまいます。湿度の高い状態で保存すると、紅茶の風味が損なわれるだけではく、カビが生える原因にもなります。

 

2.密閉する

香りの強いものの近くで保存すると、紅茶の茶葉に匂いが移ってしまい、せっかくの紅茶の香りが失われてしまいます。また、茶葉は空気に触れると酸化して、紅茶本来の風味がなくなってしまいます。匂い移りや酸化を防ぐためには、密閉できる容器に入れて保存しましょう。

 

紅茶の保存に最適なのは紅茶缶

紅茶は、「湿度」「酸化」「光」「匂い」が苦手です。それらを避けるためには、遮光ができる密閉容器に入れて保存しましょう。保存容器として最適なものが「缶」です。缶なら遮光も密閉もできます。透明なガラスビンでは、密閉はできても、光の影響を防ぐことができません。プラスチック製のタッパーウェアやジッパー付きのビニール袋は、遮光ができず、他のものの匂いが移ることもあります。

 

紅茶の保存に最適な容器は、やはり「紅茶缶」です。シンプルなものや凝ったデザインのもの、綺麗な模様の描かれたものなど、いろいろな種類のものが売られています。紅茶の種類ごとにデザイン違いや色違いの紅茶缶を揃えるのも楽しいものです。

 

わざわざ専用の紅茶缶を買わなくても、紅茶を買った時に入っていた缶をそのまま使って保存しても大丈夫です。緑茶用の茶筒やお菓子の缶などで代用することも可能です。ただし、きっちりと密閉できる缶を使いましょう。

 

紅茶缶をインテリアにリメイク

 紅茶が入っている缶は素敵なデザインのものが多いですよね。紅茶を飲み終えた後、そのまま捨ててしまうのは、ちょっともったいないですよ。お部屋のインテリアとして利用してみませんか。

 

紅茶缶を花瓶代わりにして、お花をいけるとかわいいですよ。このとき、缶に直接水を入れると水漏れすることがあります。缶に納まるくらいのガラスビンを中に入れていけるようにしましょう。サボテンや多肉植物の鉢カバーとして利用しても素敵です。部屋に植物があると心が落ち着きますよ。

 

紅茶缶にハーブを植えてキッチンに並べれば、小さなキッチンガーデンが出来上がります。育てたハーブは料理にも利用できるし、そのままでもキッチンのインテリアになるので一石二鳥です。同じような色合いや絵柄の紅茶缶を選べば統一感がでます。色合いが揃わなくても、缶の大きさをある程度揃えておけば、バラバラな印象にはなりません。

 

まとめ

 紅茶を保存するときにほんの少し気をつけるだけで、いつまでもおいしい紅茶を飲むことができます。しかし、茶葉は乾燥しているとはいえ、紅茶は生ものです。どれだけ保存に注意をしていても、開封するとどんどん風味は落ちていきます。開封後は密閉できる紅茶缶に入れて保存し、1~2ヶ月以内で使い切るようにしましょう。空になった紅茶缶は、お部屋のインテリアとしても楽しめますよ。

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る