紅茶のプロになろう

紅茶のプロ

紅茶のプロとは?

大好きな紅茶、誰よりも紅茶のことを知っておきたいと言う人、紅茶に関わる仕事をするのでしっかり知っておきたいと言う人がいるかもしれません。そんな人に朗報です。
「紅茶コンシェルジュ」と言うのを聞いたことがありますか?
この他にも、「紅茶コーディネーター」「ティーインストラクター」などがあります。
これは、紅茶に関して勉強している言わば紅茶のプロなのです。
この資格を持っていれば、紅茶に関した仕事に就くことが出来ます。
簡単に取得できるものもあるのでチャレンジしてみてはどうでしょうか。

紅茶コンシェルジュ

紅茶コンシェルジュとは、その名の通り紅茶のプロです。
美味しい紅茶を入れられるだけではなく、アレンジ技術を学べたり、紅茶に合わせるといいお菓子などのアドバイス力も身につきます。
この資格を持っていると、ティーサロンやカフェも開業出来ます。
勉強から試験まで全てスマホやインターネットで資格が取得できます。
自分名好きな時に勉強できて、会場に行かないと出来なかった試験も家で出来るとリラックスして取りやすいですね。
約1か月で取得できます。

紅茶コーディネーター

こちらも紅茶に関して勉強をします。コーディネーターの養成講座を受講し6回レポート課題を提出し、合格することで取得が出来るものです。

ティーインストラクター

こちらも学習する内容は同じですが、日本紅茶協会が認定している資格です。
資格基準があり、「ジュニア」「シニア」「マスター」の3種類あります。
では、それぞれについて詳しく見ていきます。

・ジュニア
ジュニアは、日本紅茶協会が定めている単位、年間33単位を取得し、資格認定試験に合格した人のことを言います。

・シニア
シニアは、ジュニアの資格を取得した後、5か月以上の実務経験と日本紅茶協会が定めている受験資格がある人を対象にし試験を受講することが出来ます。
それに合格するとシニアの資格がもらえます。

・マスター
マスターは、シニアを取得してから紅茶業界で色々な活動し10年以上実務経験がある人や日本紅茶協会の人たちに認められた人がもらえます。
マスターに関しては試験などはありませんが、長年紅茶に関しての実績を残さなくてはいけないので習得までなかなか大変かもしれません。

最後に

どの資格も同じような学習内容です。自分の学習できる環境で決めるといいです。
しっかり勉強して紅茶に関しての知識を身に付けたいと言う人はティーインストラクターの資格がいいです。
そこまで勉強できないかもしれない、資格が取れればいいと言う人は紅茶コンシェルジュや紅茶コーディネーターがいいです。

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る