紅茶のティーポットでの入れ方

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

紅茶を基本的に美味しく入れるイギリス式

紅茶をティーポットで入れる際に、一般に知られた基本的な入れ方があります。それが、英国式です。まず、蛇口から勢いよく出した空気の含まれた水道水を使ってお湯を沸かします。

その次に、ティーポットを温めて茶葉をティーメジャーで測り、ポットの中に入れます。

沸騰したお湯を、茶葉を入れたティーポットの中に高めの位置から勢いよく注ぎ、ティーコジーをかぶせて、茶葉の袋に書かれている抽出時間を目安にしながら蒸らして、温めたティーカップに注ぎます。紅茶が茶葉に浸かっているので時間が経つごとに苦くなりもしますが、その場合は、ホットウォータージャグという、差し湯用のポットを用意すると、苦くなった紅茶に差し湯をして薄めることができるので、苦味を感じることは少ないでしょう。ちなみに、ホットウォータージャグはティーポットに入れるのではなく、カップの方に注いで味を調整して飲むものです。

 

紅茶を美味しく入れるフランス式

紅茶の入れ方でも、ティーポットと、もう1つポットを用意して、紅茶を抽出する、フランス式と言う方法もあります。

こちらは2ポット方式とも呼ばれており、紅茶が飲んでいる間に苦くなるのを防ぐことができる飲み方です。こちらの入れ方の場合は、ティーポットを2つ用意しておきます。ティーポットにお湯を注いで抽出するまでは過程は一緒ですが、そのあと、ティーカップに抽出された紅茶を注ぐのではなく、温めたもう1つのティーポットに抽出した紅茶を注ぎ移して出来上がりです。簡単であると同時に、お茶の味は一定で、紅茶が茶葉に浸かっているわけではないので、苦くもなりません。

 

ティーポットに向いている茶葉

ティーポットで抽出し、直接ティーカップに注ぐイギリス式なら、広がる茶葉の美しさを見るために、フルリーフがおすすめです。

フルリーフの茶葉はどこの茶店でも売っているので、好きなものを買うといいでしょう。

また、フランス式でもフルリーフを使うと風味が広がり、味が変わらずに飲めるので、おすすめです。またもしも、茶葉を使うのが面倒だと感じたらティーパックを使って紅茶を抽出すると言う方法もありますので、そちらを使ってもいいかも知れません。

 

ティーポットの洗い方

ティーポットを洗う時、注ぎ口を洗うのが大変だと感じたことはないでしょうか?この場合、細いブラシがあれば洗えるのですが、もし細いブラシがない場合は、酸素系漂白剤を使っても汚れが落ちます。

紅茶の茶渋は気づくと洗剤では落ちません。そんな時に塩素系漂白剤を使うのは人体に影響がある気がして使えずにいたり、塩素系漂白剤を使った後の匂いが紅茶についてしまうと敬遠する方もいらっしゃるかと思いますが、酸素系漂白剤は溶けると過酸化水素(活性酸素+水)と空気を発生させ漂白を行い、漂白後は炭酸ソーダ(炭酸ナトリウム)になるだけなので匂いもなく安心です。しかし、ステンレス以外の金属製品に使うと金属と反応して質感を変えてしまうので注意が必要です。実際金メッキのティーメジャーを誤って酸素系漂白剤に入れたところ、銀メッキになってしまい、悲しい思いをしたので、大切に使っている金属製品があるなら、さらに注意して使ってください。

 

まとめ

①イギリス式は茶葉がポットに残るため、茶葉の動きも見れますがその分濃くなってしまうと言う点があります。

②フランス式は2ポット方式、茶葉はポットに残りませんが茶葉の動きが見れません。

③イギリス式の場合もフランス式の場合も茶葉はフルリーフをお勧めします。お湯を入れたときのジャンピングが紅茶の茶葉の芳香を強く出してくれますし、何よりとても美味しいのです。

④ティーポットは酸素系漂白剤で洗うと匂いが残らないのでお勧めです。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ