紅茶のグレードの見分け方

紅茶のグレードの見分け方

大きさ・外観で変わるグレード

紅茶の葉にもいろいろな大きさのものがあります。色も黒っぽい葉から褐色に近いような茶色のものまでさまざまです。売り場ではあまり表示されませんが、このような大きさや外観によって紅茶はグレードに分けられています。紅茶は発酵後乾燥してできたものを「荒茶(あらちゃ)」と呼びますが、この荒茶は大きな葉から小さな葉までが混じった状態になっています。そこで荒茶をふるいにかけて形やサイズを揃えます。ふるいの目の大きさを変えていくことで各サイズごとに区分けしていきます。

紅茶のグレードは品質を意味しない

紅茶のグレードは葉のサイズや外観によって区別されているもので、けっして風味の等級をあらわすものではありません。つまり紅茶のグレードが必ずしもそのまま味のよし悪しをあらわしているわけではないということです。大きいサイズのものがおいしくて、細かいサイズのものが味が劣るとはいえないからです。ただし、大きい葉の方が小さい葉よりも品質的な変化を招きにくいというメリットはあります。

なぜグレードに分けられるの?

品質の良し悪しを表すのでなければ、なぜグレード分けする必要があるのでしょう。それは茶葉の大きさによって、紅茶の成分が熱湯に溶けだす速度が違うからです。そのためグレードによって紅茶の入れ方も変えなければなりません。大きな葉と小さな葉が入り混じっていては、均一にならないからです。また商品にしたとき、容器の中で大きい葉は上に、小さい葉は下に集まってしまいます。こうしたことが起こらないように区別が行われています。

紅茶のグレードの見方

最近はパッケージにBOPやOPなどと表示されていますが、これが紅茶のグレードです。OPとはオレンジペコーの略で、決して銘柄ではなくグレードのひとつです。紅茶のグレードは大きく分けると3つのタイプになります。

・葉をカットしていないホールリーフ

・カットしたブロークン

・細かい粉茶といわれるファニングス&ダスト

OP(オレンジペコー)は、一般に針金状の長い茶葉で、よくよられている大型リーフです。若い葉で葉肉は薄く、淡いオレンジ色の芯芽を含みます。上級品が多く、特にダージリンは特徴の香りを生かすためオレンジペコーに仕上げられています。BOP(ブロークンオレンジペコー)は、リーフスタイルのどれよりも小さいサイズで芯芽を多く含んでいます。よくよられていて水色も濃く、香味も強いのが特徴です。オレンジペコーをカットしたもので、やはり上級品のランクに入ります。抽出も早く、水色・香味ともに強いので最も需要が多いグレードです。BOPF(ブロークンオレンジペコーファニングス)は0.4~0.6㎜程度の目のふるいの下に残った細かい粉茶状のものです。グレードの中では最小となります。このように、グレードによって、抽出方法や蒸らす時間が変わってくるので、グレードを見ながら自分に合った紅茶を選びましょう。

 

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る