紅茶のカフェインについて

カフェイン

紅茶に限らずコーヒーや日本茶など、お茶を飲む時どうしても気になるのが、カフェインです。眠気覚ましなど、リフレッシュ効果が期待できますが、体に悪影響がないのかどうか知っておきたいところです。今回は紅茶のカフェイン量や体への影響についてご紹介します。

コーヒーや緑茶とのカフェイン量比較

コーヒーや緑茶と比べて、紅茶の方がカフェインが多そうな印象ですが実際は以下のようになっています。

(1杯150mlに含まれるカフェイン量)

・コーヒー・・・1杯あたり135mg

・紅茶・・・1杯あたり30mg

・緑茶・・・1杯あたり30mg

このようにコーヒーの方がカフェイン量が多くなっています。緑茶とは30mgと同量になっています。コーヒーよりカフェイン量は少なめですが、これはカップ1杯150mlあたりの数値なので、ペットボトルの紅茶になると500mlもの量を飲んでしまった場合、カフェイン量は100mg~200mg弱になってしまうので注意が必要です。

カフェインが与える体への影響

カフェインには覚醒効果や疲労回復、利尿作用などの効能があります。朝、頭をすっきりさせるために飲むと良い効果が得られます。しかし、夜寝る前に飲むとカフェイン

の覚醒効果により寝つきが悪くなってしまう可能性があります。夜に紅茶を飲みたい場合は、ノンカフェインの紅茶を飲むと良いです。ただし、ノンカフェインの紅茶もカフェインが0という訳ではないので、寝る前にカフェインを取ると寝つきが悪くなると感じる方は、夜間は紅茶を飲むことを控えた方が良いです。

紅茶にはタンニンという成分が含まれています。このタンニンはカフェインと結びつきやすい性質を持っています。カフェインが体に吸収し影響を及ぼし始めるより先に、カフェインとタンニンが結合することで体への影響を防ぐことが出来ます。コーヒーや緑茶と同量のカフェインを摂取したとしても、タンニンのおかげで体への影響は少なく済みます。

抽出方法でもカフェイン量は異なる

紅茶の抽出方法には熱湯で茶葉を蒸らして入れる方法と、水出しがあります。この2つの抽出方法でカフェイン量も違ってくるのです。カフェインはお湯の方が多く抽出される特性があるため、水出しよりも熱湯で抽出した場合の方がカフェイン量が高くなります。

カフェインを抑えたい場合は

紅茶の茶葉は新芽ほどカフェインを多く含んでいます。したがって、カフェインを抑えたい場合は新芽を使ったFOP(フラワリーオレンジペコー)やOP(オレンジペコー)やP(ペコー)といった茶葉を避け、水出しで抽出すると良いです。また、1日に飲む量も2杯以内に留めておくようにしてください。

紅茶のカフェインの注意点授乳中の方が飲むと母乳から間接的に赤ちゃんにもカフェインの影響が出てしまうため避けた方が良いです。ほかにも妊婦さんが飲むと流産・早産の危険性や、低体重児になる恐れがあるため注意してください。

まとめ

一見多そうに思える紅茶のカフェインは、タンニンとの結びつきによって体への悪影響は比較的少なめだと分かりました。だたし、1日に飲む量が多すぎるのは良くありません。

また、妊婦さんや体調の良くない方は飲み方を工夫したり控えたりする必要があります。

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る