紅茶に最適な水とは?

美味しい水と紅茶

 

中国では、お茶に適した品質の良い泉水を求めて遠方まで出かけたと言われます。

良質の水を使用することで、より美味しい紅茶を堪能できます。

そこで紅茶に適した水をご紹介します。

1. くみ置きの水

紅茶に適した水とは、無臭であり空気をたくさん含んだ水です。

水道水のカルキを取るために、くみ置きして使うことを考えてしまいがちです。

しかし、実はくみ置きの水には、紅茶を美味しくするための大切な酸素がかけています。

紅茶を美味しくするためには、ポット内で茶葉を「ジャンピング」させることが大切です。

ジャンピングとは、完全に沸騰させた熱湯をポットに注ぐと、

紅茶の葉はポットの中で上下に動きます。この上下に動くことをジャンピングと言います。

この動きが、茶葉に刺激を与え美味しさを引き出します。

このジャンピングが十分でなければ、茶葉本来の味と香りは抽出することができません。

ジャンピングは、水に含まれる空気により活発になりますが、

水をくみ置くと大事な空気が抜けてしまいます。

くみ置きの水で紅茶を淹れると、ジャンピングが起こりにくくなり、水色も黒ずみます。

これにより、香りのない紅茶になってしまいます。

2. 市販のミネラルウォーター

市販で売っているミネラルウォーター(ペットボトルに入っているもの)についても、

くみ置きの水と同じことが言えます。

ミネラルウォーターにも空気が含まれていないため、紅茶には適しません。

ミネラルウォーターは、マグネシウムやカルシウムなどのミネラルを含む硬水です。

輸入物のミネラルウォーターの多くは硬水になります。

そのため、お茶の味と香りが際立ちにくいです。

このことが、硬水が紅茶に向かない理由になります。

しかし、市販のミネラルウォーターでも、純粋や天然水なら問題ありません。

もし、使用するなら軟水の国産天然水をお勧めします。

3. 「二度沸かしの湯、沸かしすぎの湯」、「電気ポットのお湯」

日本のほとんどの地方では、紅茶を淹れるのに水道水で十分です。

しかし、カルキ臭などを飛ばそうと沸かしすぎる場合があります。

これは、せっかう硬度の低い軟水のため台無しになります。

また、沸かしすぎると水の中の紅茶をおいしくするための大切な酸素が飛んでしまいます。

酸素が飛ぶことで、お湯が死んでしまいます。

2度沸かしのお湯は、冷める段階で変質を起こしています。

そのため、くみ置きの水と同じことが言えます。

電気ポットのお湯は、温度が低すぎます。

お湯も古くなっているため、美味しい紅茶を淹れることは出来ません。

いかがでしたか?

紅茶に適した水とは、硬水ではなく軟水になります。

また、日本の水道水で十分に美味しい紅茶を楽しむことができます。

これらを学ぶことで、紅茶に適したお湯を使用し、美味しい紅茶を淹れてください。

是非、参考にしてください。

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る