紅茶に含まれる栄養成分

効果

味だけでなく香りも楽しめ人気の高い紅茶ですが、リラックスタイムの趣向品としてだけでなく、様々な栄養成分を含んだ優秀な飲み物だという事が分ってきています。健康や美容に嬉しい効果が期待できる紅茶の栄養成分や効果的な飲み方をご紹介します。

紅茶に含まれる主な栄養成分

紅茶が美味しいだけでなく健康にも良いと注目される理由は、紅茶に含まれる様々な栄養素の働きによるものです。

 <カフェイン>

カフェインと聞いて、すぐにコーヒーを連想する方もいると思います。紅茶にはコーヒー同様にカフェインが含まれています。カフェインは眠気を覚ます効果は抜群です。

他にも紅茶のカフェインには脂肪燃焼作用があるので、運動をする前に飲むようにするとダイエット効果も期待できます。

 <タンニン>

紅茶に含まれているタンニンには抗菌作用があります。風邪の予防や口臭予防にも効果があります。

 <ポリフェノール>

紅茶に含まれるポリフェノールの量は、それほど多くはないのですが、紅茶ポリフェノールは酸化防止効果があるとされ生活習慣病の予防やアンチエイジング効果が期待できます。

また、紅茶ポリフェノールとカフェインを一緒に摂取することで利尿作用が高まり、デトックス効果やむくみの解消にも効果があります。

 <フッ素>

紅茶に含まれるフッ素には歯のエナメル質を強化させる作用があります。

 <テアニン>

テアニンとはアミノ酸の一種になります。テアニンはストレスの緩和やリラックス効果があるので、仕事の合間などにホッと一息つく飲み物として最適です。

 <ビタミン類・ミネラル>

紅茶にはビタミンB1、ビタミンB2、カリウム、カルシウムなど、ビタミン類やミネラルが豊富に含まれています。

 <カテキン>

カテキンには強い殺菌作用があります。インフルエンザ予防にも効果があるとされているので、寒い時期にあたたかな紅茶を飲むのは効果がありそうです。

紅茶の効果的な飲み方

健康に良い栄養成分が入っていると言っても、飲みすぎると副作用の恐れがあるので気をつけてください。1日に飲む量は2杯程度を目安にお考えいただくと良いです。

紅茶の効能をより多く得たい場合は、食後に飲む、温かいものを飲むなど工夫をすると良いです。

飲みすぎのほかにも1点注意すべきことは、妊婦さんや授乳中の女性は間接的に赤ちゃんにカフェインを摂らせてしまうことになるので、お控えいただく方が安心です。

様々な活用方法がある

紅茶の茶葉は、お茶として飲むだけでなく食べても同様の効能が得られます。

パンやケーキの生地に練りこんで利用すると独特の香りも楽しめます。簡単な方法としてはホットケーキミックスに混ぜるだけでも手軽に食べることが出来ます。

また、紅茶の殺菌作用などの効能は直接肌につけたりして利用することが出来ます。例えば、

紅茶で洗浄することで水虫の予防が出来ることが分かっています。また、ティーバッグを利用して瞼のむくみ解消もできます。他にも、使用後のティーバッグは乾燥しておくと、消臭剤代わりにも使えます。

まとめ

毎日、なに気なく飲んでいる紅茶には色々な栄養成分が含まれることが分かりました。飲みすぎることは良くありませんが、毎日適量を飲むことは健康や美容に良いので続けたいものです。毎日美味しく飲んで、紅茶生活を継続することで病気の予防にもなるとしたら、一石二鳥で嬉しいことです。

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る