紅茶に含まれるカフェインの影響

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

カフェインのメリットデメリット

カフェインを摂ることで、得られるメリットとデメリットとはなんなのでしょうか?

よく、朝にコーヒーを飲むと目がさめるとか、夜にコーヒーを飲むと眠れなくなるなど色々とあるかと思いますが、紅茶に含まれるカフェインも、飲み過ぎれば同じような問題が起こります。

カフェインは興奮作用を含んだ成分のことを言いますが、覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用などがあります。

食品安全委員会のファクトシートではカフェインの急性作用として不眠、中枢神経を刺激されることによるめまいなどがあり、肝機能が低下している人の一部においてコーヒーの摂取と関連して高血圧のリスクが高くなる可能性があるとされています。カルシウム不足の人がカフェインを摂取すると、カフェインの利尿作用から、カルシウムの排出を促してしまい、骨粗鬆症のリスクが高まる可能性があるとされています。作用1つ1つを見れば、メリットにもデメリットにもなりうるということがお分かりいただけるでしょうか?

例えば覚醒作用なら、朝の食後に飲むことによりその後の生活を、眠気をなくして過ごすことができるでしょうし、利尿作用を見れば水分の排出という点で、身体の水分の循環を促進しそうです。

 

夜寝る前のカフェイン

夜寝る前にカフェインを摂ることはメリットやデメリット双方から見るとあまり良くはないようです。カフェインに含まれる興奮作用、しいては、覚醒作用は夜の睡眠には不向きですし、なおかつ利尿作用から、水分を排出してしまうと寝てる間に脱水症状に襲われる危険性もないとは言い切れません。また、カフェインには急性作用として、不眠症があります。カフェインを寝る前に必要以上摂取してしまうと、急性作用が起きる危険性もありますし、摂取の際は注意が必要です。

しかし、紅茶に含まれるカフェインはコーヒーのカフェイン含有量よりも、二倍近く違い、紅茶の方が含有量が少ないのです。つまり、その分、紅茶は急性作用や、カフェインによる作用がコーヒーよりは薄いと言えます。

もちろん、飲みすぎた場合はその限りではありませんが、夜寝る前に日本茶を飲むのとそう大差はないのではないでしょうか?

 

カフェインを昼寝の前に飲んだなら

紅茶に含有されているカフェインを昼寝の前に、飲んだならどうなるでしょうか?

ティーカップ一杯あたりのカフェイン含有量は45mg程ですので、レギュラーコーヒーティーカップ一杯あたりのカフェイン含有量、90mgの半分です。すると、カフェインを飲んだ場合の覚醒作用がレギュラーコーヒーの半分程度になるなら、身体には緩やかに作用が効いてくるでしょう。また、昼寝の際にカフェインを摂取すると寝起きにカフェインの効果が作用してすっきりと起きれると言われています。

とくに、夜寝る前でなく、何かしらの仕事の前や、家事の合間の休憩に紅茶を飲んで昼寝をして、すっきりと目覚めることができたなら、作業効率が、少しは上がるのではないでしょうか。

 

コーヒーよりも、紅茶が好き

朝食時に、苦いコーヒーを飲むよりも紅茶などのお茶を嗜む方が良いという方には、紅茶はお勧めです。朝に、苦い飲み物が嫌だという方には、ミルクティーなどにして渋みをまろやかにして、飲むと良いでしょう。

カフェインを効率よく摂るために飲み方を工夫して好きなように、カフェインを操れるようにしましょう。

 

まとめ

 ①カフェイン摂取によるメリットデメリットを理解して紅茶を楽しみましょう。

 ②夜寝る前の高濃度のカフェインはお勧めしません。急性作用でねれなくなるかもしれません

 ③昼寝の前に紅茶を飲めば作業効率が上がるかもしれません

 ④コーヒーより紅茶派なら、また苦いものが苦手なら、ミルクティーなどいかがでしょう。飲み方を工夫して好きなようにカフェインを操れますように。

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る