紅茶とは

紅茶の紹介

緑茶、烏龍茶、麦茶、ハーブティー、等、様々な種類のものが存在します。

これらの中でも、緑茶、烏龍茶、紅茶は、同じ茶畑から作られます。

「カメリア・シネンシス(Camellia Sinensis)」、椿や山茶花と同じ科であり、

ツバキ科ツバキ属の常緑樹になります。

お茶とは、この「カメリア・シネンシス」から作られたものを一般的に言います。

1. 紅茶と緑茶の違いとは?

それは、製造法の違いです。お茶の葉の中には、酸化発酵(例:りんごの皮を剥いておくと褐色に変化してしまう働きのこと)というものが含まれています。

これを利用して製造するのが紅茶です。利用せずに製造するのが緑茶になります。

参加発酵を利用する紅茶の場合は、製造の過程で茶葉の色が、

緑色から褐色へと変化していきます。

香りは自然でグリーンな香りから、

花や果物を思わせる華やかで芳酵な香りへと変化していきます。

2. 紅茶と烏龍茶の違いとは?

酸化発酵を少しだけ利用して作られるのが烏龍茶です。

そもそも紅茶の発祥地は、烏龍茶の製造が盛んに行われている中国の福建省です。

17世紀前半に、お茶が中国からヨーロッパへと紹介されました。

そこで紹介されたお茶が緑茶と烏龍茶になります。

お茶の人気が高まるにつれイギリスでは、烏龍茶が好まれるようになります。

イギリス人の好みに合わせて酸化発酵を進めていくうちに完全発酵した紅茶が誕生しました。

3. 紅茶の産地について

紅茶は世界中の様々な土地で作られており、産地ごとの自然環境や栽培・製造方法によって

特徴が違います。

ここでは、「インド」、「スリランカ」について紹介します。

「インド」は、19世紀前半から茶栽培をしており、

紅茶の生産量、消費量ともに世界第1位を誇ります。

ダージリンは、生産量が少なく香味に優れているため紅茶では価格が1番高いです。

シーズンにより特徴が大きく変化し、ファーストフラッシュ(3月中旬〜4月)、

セカンドフラッシュ(5月〜7月上旬)といわれるシーズンに分かれています。

アッサムは、インド北東部のアッサム地方のブラマプトラ河流域に広がる

世界最大の紅茶産地から採れます。ミルクティーに向いています。

「スリランカ」は、インド南東に位置する島国です。

「セイロンティー」の名で知られています。

ディンブラは、中央山岳地帯の西側に広がる高地で、明るく鮮やかな紅茶です。

ウバは、中おい山岳地帯の東側に位置する高地で、明るく赤みのある橙色です。

いかがでしたか?

紅茶には、様々な種類が存在しており、緑茶、烏龍茶、紅茶は、同じ茶畑から作られます。

知っているようで知らない人が多いはずです。

是非、参考にしてください。

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る