紅茶うがい

紅茶うがいでインフルエンザを予防できる
紅茶のうがい
インフルエンザ対策
インフルエンザに関してはウイルスの種類に関係なく、紅茶テアフラビン、緑茶カテ
キンがウイルス粒子を凝集させ、感染力を失わせる。あくまでも予防効果であり、ウ
イルスが細胞内に入り込み増殖し始めた状態ではお茶の作用は及ばない。対症療法の
投薬が必要である。お茶によるうがいが予防には有効であるが、喉から鼻にかけて紅
茶液が行き渡るような工夫が望ましい。


歯垢合成酵素阻害作用
カテキンやテアフラビンは歯垢合成酵素阻害作用があるので、紅茶うがいによる歯垢
防止効果があるが、虫歯菌殺菌効果はそれほど強くない。紅茶に含まれるミネラルの
フッ素は歯のエナメル質の強化に役立つ。

消臭効果
茶の匂いの吸着力は古くから知られ,魚の生臭味のトリメチルアミンやニンニク臭の
メチルメルルカプタン吸着能は測定されている。茶ポリフェノール入り口臭抑制用錠
剤が市販されている。使用後の紅茶ティーバッグ活用方法として、包丁の臭み取りや
冷蔵庫内の脱臭に用いられる。畜産舎の消臭に茶殻利用が実用化されている。茶ポリ
フェノールは新築家屋の建材から出るホルムアルデヒドをよく吸着するから、使用済
み紅茶のティーバッグをたくさん部屋に置くことはシックハウス症候群の予防にな
る。


水虫、たむし対策
茶殻で洗浄することで水虫、たむしの治療効果があるといわれている。実際、紅茶ポ
リフェノールの白癬菌に対する殺菌効果は証明されている。寝たきり患者の体の清拭
に茶抽出液が用いられ、抗菌や消臭効果が実証された例がある。

日焼け障害緩和の効果
海水浴等で急激な日焼けをして、一種の火傷になり激しい傷みを感じたときに、使用
済みの紅茶のティーバッグ(乾燥していない状態)を添付することにより、傷みが弱
まるという事例がある。
紅茶の効能・効果というのは、実証されているわけではありません。

紅茶にはカフェインが含まれていますので、眠気覚ましにはいいです。

あとは、紅茶だけではなく、お茶全体に言えることですが、お茶の葉には殺菌作用が
あると言われています。そのため、紅茶の効能として、1煎目の紅茶はそのまま飲ん
で、2煎目の紅茶(かなり薄くなります)は「うがい」に使われる方も多いです。と
くに、冬などは紅茶の効能を期待して、うがいをされる方が多いです。


紅茶を飲むと水分補給になるので、利尿作用を感じることがあります。紅茶はもちろ
ん水分なので、尿になるのですが、ふつうの水よりもトイレが近くなります。

それだけ紅茶には体の食べ物を外に出すので、紅茶をたくさん飲んでいると食欲も沸
いてくることが多いです。

インドに行くと、よく紅茶を飲むのですが、インドの料理はカレーばかりでカロリー
が高いのですが紅茶を飲んでいると利尿作用のおかげか、カレーなどの食べ物をよく
食べれて健康的に旅行することができます。

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る