知らないと危険?紅茶にも含まれるカフェインの効能と副作用

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

紅茶に含まれる成分

貴族や庶民に至るまで、古くから世界中の人々に愛され続けている紅茶。

飲み物としての味を楽しむのはもちろんの事、ハーブティーなど香りを楽しんだり、それによってリラックス効果をもたらすアロマのような役割も果たします。

また、紅茶には数多くの成分が含まれており、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル分や、鮮やかな色を滲み出すタンニンや、カフェインなども含まれています。

今回は、紅茶に含まれているカフェインに着目したいと思います。

 

カフェインがもたらす効果

カフェインを摂取すると様々な効果が人体に現れます。用量や、目的に合わせて摂取をすれば非常に効果を発揮するのですが、しっかり効果や副作用を理解していないと、危険が生じる場合もあるのです。

「カフェイン」と聞いてまず第一にイメージする作用はなんでしょう?

最も多い使用方法は、『眠気覚まし』でしょう。カフェインに『覚醒作用』がある事は有名で、中枢神経を刺激して興奮状態にする事で、眠気が覚めたり、疲労感を一時的に解消したりする事が出来ます。

エナジードリンクや、コーヒーなどが最たる例で、それらには大量のカフェインが含まれているので、眠ることが出来ない状況の時に摂取する事で、パフォーマンスの維持が可能になります。

また、カフェインには利尿作用があり、老廃物や体内毒素を排出するデトックス効果が望めます。

 

カフェインがもたらす副作用

カフェインには良い部分がある反面、副作用として働いてしまう場合があります。

『覚醒作用』の為に使用したつもりが、『不眠』を引き起こしてしまったり、更にカフェインには、中毒性や依存性があると言われており、常用的に摂取を繰り返してしまったり、過剰摂取により、落ち着きがなくなったりなどの精神的な症状や、胃痛、吐き気、動悸、心拍数の増加などの身体的症状が出る場合もあり、極稀ではありますが、過剰摂取により死に至るといったケースも報告されています。

 

一日のカフェイン摂取量

カフェイン中毒と聞いて少し不安を煽ってしまったかもしれませんが、一日の摂取量をきちんと守れば重大な症状は起こらないとされています。

紅茶の本場イギリスでは、妊娠中の女性がカフェインを過剰摂取すると、出生児の発育に影響があると言われており、1日の摂取量を300mg以下にする事が望ましいとされていて、近年200mg以下の摂取に留める事が望ましいと見直されています。

日本国内では、特に摂取を制限するようなガイドラインなどは無く、個人が自己的に情報を収集し、知識と理解が得る必要があります。

しかし、後述する各飲料ごとのカフェイン含有量を見てみると、一般的な飲食物の摂取量からカフェインを大量に摂取する事は困難で、日常生活での中毒を心配する可能性は少ない模様です。

 

各飲料と、紅茶に含まれているカフェイン含有量

食品安全委員会が発表する、飲食物におけるカフェイン含有量は、

コーヒー:60mg/100ml、インスタントコーヒー:57mg/100ml、

煎茶:20mg/100ml、紅茶には30mg/100ml含まれているそうです。

この事を踏まえて、妊娠中の女性の場合は海外の制限の目安の用量を参考に、ある程度の摂取に留めて、それ以外の方の場合は、国内おける制限の目安が発表されていない事から、よほど大量に摂取しない限りは、カフェイン中毒とはならなさそうです。

 

まとめ

紅茶に少量含まれているカフェインの成分には少し注意を払わないといけませんが、それを気にしすぎるよりも、紅茶を飲むことによって香りからリラックス効果を得たり、老廃物を排出するデトックス効果を得たりする事が、肉体的、精神的共に健康的な効果をもたらすはずです。

忙しい社会生活に疲れた時には「ほっと一息」ティータイムの時間を、少し設けても良いかもしれませんね。

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る