知ってますか?ティーバッグの魅力

紅茶

コーヒーを注文すると、豆を挽くところから始めて時間をかけて淹れる喫茶店が多いですが、紅茶を注文するとリーフティーを出してくれる店は少なく、ほとんどがティーバッグで出てきます。

昔はティーバッグは茶葉の種類も少なく、紅茶好きからしてみるとあまりティーバッグは好きではありませんでした。

ところが最近では、ダージリン、アールグレイ以外にも、フレーバーティーはもちろん、アッサム、セイロン、ディンブラなど、様々な茶葉を楽しめる様になりました。

これだけの種類が出てくると、安価な値段、しかも手軽に紅茶を楽しめ、リーフティーよりもティーバッグが主流になってきます。

でもこのティーバッグ、いったいどうの様な経緯で誕生したのでしょう。

そこで今回はティーバッグの歴史を紐解いていくこととしましょう。

 

アメリカの合理主義の賜物?

紅茶実はティーバッグがいつどこで誰によって発明されたものか、はっきりとはわかっていません。

もっとの有力な説としては、1904年アメリカ人によって生み出されたといわれています。

ニューヨークのある紅茶卸商は見本用の茶葉を絹の小袋に入れて整理していました。1904年、その卸商のもとにレストランの経営者が訪れ、見本用の小袋を見て「小袋のままティーポットに入れてはどうだろう?」と考えます。イギリス流の伝統的な淹れ方と比べると非常に手軽な淹れ方でした。

事実かどうかは不明ですが、今のところこれがティーバッグの起源と言われています。

その後、紅茶の成分がうまく抽出できる袋や効率よく茶葉を袋に詰める機会など、アメリカ人によって多くの試行錯誤が行われ、商品化が進められました。

商品としてのティーバッグが急速に普及したのは、透過率の優れ、水に浸しても破れない紙がアメリカのデクスター社によって開発されたのがきっかけです。この紙の登場により、リーフティーよりもティーバッグが一気に人気商品になっていきました。

 

紅茶ティーバッグの歴史は紙の開発だけではありません。

中に入れる茶葉の改良も紙の開発と同時に進められていました。

当初のティーバッグはリーフティーがそのまま使われていましたが、短時間で低温のお湯でも抽出をよくするために茶葉が細かくカットされるようになりました。

 

紙と茶葉、両方の改良を繰り返すくとで、現在のティーバッグが誕生したのです。

伝統を重んじるヨーロッパで発展していった紅茶文化も、アメリカの合理主義を基に新たな文化を築き上げました。

 

ティーバッグを楽しもう

このアメリカの合理主義から誕生したティーバッグ。手軽で安価であるがゆえに敬遠されがちですが、意外にも、イギリスでも多くのティーバッグが飲まれているとか。

その理由はやはり「手軽」であること。

朝の忙しい時間や仕事の休憩時間などに紅茶を飲みたいときに、リーフティーを淹れるのは至難の業です。

そんな時はやっぱりティーバッグが一番。

抽出時間が早い。しかも湯を沸かさずポットの低温のお湯でも十分美味しい紅茶を淹れることができます。そう、ティーバッグでしか味わえない美味しい紅茶なのです。

 

セイロン ディンブラ 紅茶

日本でも、リーフティーよりもティーバッグが主流ですよね。

今では各社様々なブレンドティーやフレーバーティーの商品展開をしています。

リーフティーが好きな方はちょっと手にするのをためらってしまいがちですが、ちょっとだけティーバッグでしか味わえない紅茶の魅力を堪能してみてはいかがでしょうか。

 

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る