注意するのは温度だけじゃない!体を温める紅茶

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

紅茶は体を芯から温める

寒い季節には温かい飲み物が身体を内側から温めてくれるので、それだけでリラックス出来たり、体温が上昇するので血行が良くなったりします。

では他の温かい飲み物とは何が違うのでしょうか?同じ温かい飲み物でも、飲んだ後の体の温まり方が違ってくる場合があるのです。

今回は、紅茶の体を温める効果について紹介します。

 

飲み物によって温まり方が違う

寒い日に体を内側から温める手段として、温かいドリンクを摂取する事は、有効です。しかし、同じ温度のドリンクを飲んだとしても、そこに含まれている成分や効能などによって、一時的には同様に体を温める効果があったとしても、しばらく時間が経ってからの体温に違いが出てきます。

ではその違いをどのようにして見分ければ良いのでしょうか?

一般的に『赤や黒などの色の濃い飲み物』『寒い地域で収穫される飲み物』『発酵している飲み物』などは、それに含まれている成分からも体温をあげる効果があるとされています。

紅茶、赤ワイン、生姜湯、ほうじ茶など、色が『茶色』『赤色』などの飲み物は『体を温める』飲み物だとされています。

体を温めるわけは血液にあって、冷えなどにより血管が収縮して血流が悪くなると寒さを感じるというわけです。体を温める飲み物に含まれているビタミンなどの成分が、体に取り入れる事によって血管を拡張させ、血液の循環を良くし血行が良くなる為、体が温まるのです。

 

紅茶で上手に体を温める

ただ単に温かい紅茶を飲むだけでも、体を温める効果があるのですが、紅茶には様々な食材などと組み合わせる事で、味にも効能にもより一層効果を付与する事が出来る飲み物です。

紅茶を上手くブレンドして、体を芯から温めるオリジナルフレーバーティーを作ってもいかもしれません。

血行を良くする素材として最も有名な物の一つが『しょうが」です。

しょうがはそれ単体でも非常に体を温める効果を発揮しますが、紅茶と組み合わせても、相乗効果で、より体を温める効果を発揮します。

 

『紅茶でほっとリラックス』が体を温める

紅茶にはハーブティーなどの様に、リラックスを促す成分や香りでアロマの効果が得られるような物も数多くあります。

強いストレスや、体のコリ、緊張などをしていると、自律神経のバランスが崩れ、血管が収縮してしまいます。

緊張状態の渦中ではあまり冷えを感じる事は無いかもしれませんが、実際は体温が下がっているのです。

そこで、紅茶を飲むことによって、ハーブやアロマの香りを感じる事によって、リラックス出来れば、自律神経がバランスを取り戻し、血管の収縮を元に戻すので、結果的に体を温める効果となるのです。

 

まとめ

紅茶が体を温める効果があるとされているのは、紅茶に含まれる成分が、血管を広げ血行を良くしたり、紅茶でハーブやアロマの香りを感じることによってリラックスする事が、血流を良くすることにつながり体を温める効果があるからです。

『温かい紅茶でホッと一息』とは本当に『ホッ』とする効果と体を『ホット』にする効果両方があるので、寒い季節には、温かい紅茶を飲むことが冷えの改善に効果があるでしょう。

また、血行を良くする事は生活習慣予防や、代謝を良くしてダイエットにも効果があるので、紅茶を飲んで体を温める事は、様々な目的においても効能があると言えるでしょう。

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る