暑い時に飲みたい!美味しいアイスティーの淹れ方

おいしいアイスティー

夏になって飲みたくなるのがアイスティー。

特に暑い猛暑の日などには、やはりホットよりも美味しいアイスティーが飲みたいですよね。美味しいアイスティーが飲みたい夏。ご自宅でもいつものお好みの紅茶でアイスティーが作れるのをご存知でしょうか。

アイスティーは普段の紅茶の淹れ方の応用で簡単に美味しくできます。美味しいアイスティーの淹れ方をご紹介します。

*今回は水出し紅茶ではなく普通にお湯で淹れたいつもの紅茶で作るアイスティーの作り方をご紹介します。

まずは、氷がないとアイスティーはできません。

冷凍庫に氷を作っておくなどして用意しておいてください。

<美味しいアイスティーの淹れ方>

  1. お湯を沸かします。アイスティーも、熱湯を沸かしてください。
  2. 茶葉を入れ、熱湯を注ぎます。茶葉はティースプーンで一人一杯入れてください。茶葉によってはティーポット分に一杯余分に茶葉をお好みで。ティーポットがあまり大きくなくお湯を沢山入れない場合はティースプーン一杯か二杯だけの茶葉で大丈夫です。ちなみに摺り切りではなく山盛りで大丈夫です。お好みで加減して下さいね。
  3. 紅茶を蒸らします。アイスティーの場合は、氷で薄まってしまうので、濃い目に入れるために蒸らす時間をいつもより長くします。蒸らす時間の長さは紅茶のパッケージを参考にして、その表示されている時間にプラス1分ぐらいがおすすめです。例えば表示が3分だったら、アイスティーは4分ぐらいにします。茶葉が細かいものはもともと濃く出てしまうので、様子を見て加減してください。
  4. 濃いかなというぐらいの色になったら茶葉をポットから取り出します。
  5. 氷を冷蔵庫から取り出します。
  6. グラスに氷を入れ、濃く出たアイスティーを注ぎます。
  7. 水滴がテーブルにたれないように、コースターにグラスをのせて、いただきます。

氷ですが、注ぐ直前にグラスに入れてくださいね。

あまり早くグラスに入れて待たせてしまうと、紅茶を入れた時に、紅茶があまり冷えず、ぬるい紅茶になってしまいます。紅茶を入れる直前に冷たい氷を冷蔵庫から取り出してグラスに入れるのがポイントです。

氷を入れる分、グラスの中の紅茶の量が減ってしまうので、たっぷり飲みたい場合は少し大きめのグラスだと沢山飲めて良いですね。お好みで、シロップを入れてお召し上がりください。

グラスの一杯目が飲み終わってしまっても、ティーポットで最初から多めに紅茶を淹れておけば、二杯目も簡単にできます。紅茶を蒸らした後に茶葉をとりだしてそのままにしておいたティーポットの中の少し冷めた紅茶を、飲み終わったグラスに入れてください。氷が足りなければ足してくださいね。これでまたアイスティーが楽しめます。沢山飲むときは、ティーポットで最初に沢山いれておけば、何度でもアイスティーが楽しめます。

暑い夏エアコンをきかせて涼むのもいいけれど、暑い中アイスティーで涼をとるのも夏ならではです。アイスティーはとても冷たいので飲みすぎてしまわないようにだけ注意してくださいね。

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る