日本は紅茶の生産国?日本の紅茶事情と国産紅茶の復活

紅茶

日本の紅茶消費量というのは世界でも上位十位に入るほどの消費量です。
 一方で生産というと緑茶ほど本格的に行われているわけではなく、地方で細々とブランド紅茶が作られているだけなのが現状です。
 そんな国産紅茶ですが、かつては紅茶が重要な輸出品だった時代が有ります。

 

日本の紅茶生産は明治から始まった。

 明治期の日本は富国強兵の元、外国に売って外貨を稼げそうな物であればなんでも行政主導で作っていました。特に力を入れていたのは殖産興業、つまり生糸の輸出であり国内の生糸生産技術の向上のためにモデルケースとして富岡製糸場を作った事は歴史の教科書にも載っている事です。
 そんな明治政府が目を付けたのが紅茶でした。
そこで政府は静岡で徳川慶喜の盟の元旧幕臣たちとお茶の栽培を行っていた多田元吉を役人に取り立て紅茶の生産に手を出すようになりました。
彼は中国やインドを視察後お茶でもアッサム種の種を国内に持ち帰り栽培を始めると同時に、本来は緑茶に使う茶葉で紅茶の生産を試験的に始めます。
ここに日本の紅茶産業が始まったわけです。

 

外国への販路と「日東紅茶」

 その後政府は各地に紅茶の研修所を作り、技術を広めます。その結果アメリカに販路が開けるようになり、日本は紅茶の輸出国となりました。とはいっても国内で紅茶を飲むわけでもない日本においては紅茶の品質は一向に上がりません。
ちなみにその際に国と協力して各地に紅茶技術を広めること国内の紅茶市場の開拓に力を入れたのが三井財閥の一角にある三井農林で、これが現在の「日東紅茶」ブランドにつながります。
日本はその後品種改良や紅茶の品質の向上に努めますが、「緑茶」という大きな市場を抱える日本において生産者は紅茶よりも緑茶品種を選んだ事や紅茶の輸入自由化などの様々な影響を受けて衰退していき、昭和40年代には国内最後の試験場も閉鎖され国内の紅茶産業はほぼ終了したと言っても過言ではない状況になりました。

 

しかし終わらなかった国産紅茶とその復活

 一方でこの紅茶産業末期の時代というのは「海外紅茶に手が届いた」と言われるほど技術や品種の改良が進んだ時代でもありました。
 そして国の支援がなくなり他の紅茶農家が緑茶に変わっていく中で、日本独自の紅茶が小規模ながら各地に残っていく事になります。
 特にその時代に有名な品種は「べにほまれ」や「べにひかり」であり、現在でも各地で小規模ながら生産が続いており品質の良さや日本人に有った味などから好評を得ています。
 そして平成に入り、日本の紅茶品種の問題点である「寒さに弱い」という所を改善した「べにふうき」が生み出され、日本各地で生産がされるようになります。
 かつてとは違い国内の紅茶需要も大きく、国内の紅茶農家や作付面積は増える一方となっています。
 また品質も良くなっており、海外の紅茶の大会で高評価を貰うなど再び世界市場に進出できるのではないかと注目を集めています。

 まだまだ知名度は低い国産紅茶ですが、テレビで特集されるなど年々注目度が高まっており今では専門店も現れてきました。
 紅茶というのは生産地の気候や風土に大きく影響される物です。日本の紅茶は日本独自の風味や味を楽しめるので、まだ購入した事が無い方は一度購入してみる事をお勧めします。
 

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る