女王様と紅茶の関係について

イギリス王室でお茶を楽しんだ最初の王妃は、キャサリン王妃されています。

彼女がポルトガルの王室からイギリスに嫁いだことで、

イギリスでのお茶を飲む習慣が生まれました。

キャサリン王妃がチャールズ2世のもとに嫁いだ1662年には、

ポルトガルでは中国茶が飲まれていました。

キャサリン王妃は、ブラジルで収穫した砂糖を贈り物として、

イギリスに持ってきました。

このことがキッカケとなりイギリスで飲まれ始めました。

1. アン女王

アン女王が即位した1702年にイギリス王室でお茶を飲む習慣が確立されました。

アン女王は、紅茶が好きでした。そのため、洋梨型の銀の茶道具を創作させ、

ウィザー城の応接間にティーテーブル付きの茶室まで作りました。

アン女王が即位した当時には、「淹茶法」の技術が確立し、

普及・定着していきました。

この「淹茶法」とは、急須の中で茶のエキスを抽出する方法です。

チャイなどの煮出し法とは違う方法になります。

2. ヴィクトリア女王

ヴィクトリア女王の時に、紅茶がイギリスを代表する飲み物として定着しました。

1823年に植民地であるインドのアッサム地方で茶葉が発見されました。

その後、イギリスの紅茶は中国とのアヘン戦争をキッカケに中国産のお茶から、

インド・スリランカ地方のお茶へと移り変わっていきます。

19世紀になると、上流階級でアフタヌーン・ティーが始まります。

ヴィクトリア女王は、このアフタヌーン・ティーを、

おもてなしの儀式として取り入れました。

「紅茶は正しく入れること」、「食べ物の種類は多く、しかも豪華であること」、

「テーブルセッティングは身分にふさわしく優雅であること」などの作法が確立し、

紅茶は広く一般へと浸透していきました。

3. 紅茶占いについて

紅茶占いとは、紅茶を飲んだ後にカップに残った茶葉で占いをすることです。

「茶葉の形で占う」場合は、犬、猫、馬、雲、十字、木、卵、指輪、花、蝶、ハート、

ナイフ、錨、などの形があります。

犬は、良友を得る。猫は、裏切りに会う。馬は、望みごとが叶う。雲は、疑心暗鬼。

十字は。苦難あり。木は、幸運がある。卵は、幸運がある。指輪は、結婚運が吉。

花は、愛と名声を得る。蝶は、楽しいことが起きる。

ハートは、恋愛運が吉。ナイフは、トラブルがあり。錨は、旅行運が吉です。

いかがでしたか?

紅茶と女王さまには、このような関係があります。

イギリスで紅茶が飲まれる習慣になったのは、女王様との関係があったからです。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ