奥が深い紅茶の茶葉の種類

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

産地や状態によって多種多様な紅茶の茶葉

紅茶の茶葉にはグレードがあることをご存知でしょうか。茶葉の種類とその他に『FOP』『OP』『BOP』『BOPF』『D』の順で大きいものから分類されています。

更に細かくグレード分けしたものが『F(最上級)』『T(ゴールデンチップと呼ばれる芯目が沢山含まれるもの)』『G(金の産毛がついているもの)』の順で高級さがわけられ、これらが付いているものは値段が高くなります。

世界三大茶葉

紅茶の種類には世界三大茶葉と呼ばれる茶葉があり『ダージリン』『ウバ』『キーマン』の3つの茶葉は世界的にも高級とされていて、古くから紅茶の世界でも有名な茶葉です。

『ダージリン』は、インド北東部のダージリン地方が原産の茶葉です。

ダージリンの特徴は、口当たりが爽やかで、その香りはよくマスカットにも例えられる程です。

紅茶のシャンパンとも呼ばれ、世界三大茶葉の名に負けず劣らず、紅茶の世界で最も有名な茶葉の一つです。

『ウバ』はスリランカのウバ地域が原産の茶葉です。ウバの特徴は、花の様な甘い香りと、カップに注いだ時に水面と縁の境界線が金色に輝く『ゴールデンリング』が最大の特徴です。

『キーマン』は中国が原産地で、茶葉の発酵度合いが高く、スモーキーな香りに強い甘み、渋味が少ないので、ストレートティーや、ミルクティーにも合います。

少し癖が強いので、好みがはっきり分かれるかもしれない茶葉です。

有名な茶葉

世界三大茶葉以外にも世界的に有名な茶葉の種類は沢山あって、インドやスリランカが原産の紅茶に有名な物が多いです。

その理由としては、インド、スリランカはイギリス領だった過去があり、その時に気候が適していた事から、紅茶の生産地として定着し現在まで至ります。

インドの『アッサム』『ニルギリ』スリランカの『キャンディ』『ディンブラ』『ヌワラエリア』などが有名な茶葉の種類として世界的に有名です。

紅茶の茶葉の種類には、産地やグレード以外にも分類する事が出来、『ストレート』『フレーバー』『ブレンド』に分ける事が出来ます。

ストレートティーの茶葉はその名の通り、一つの原産地で取れた茶葉をそのまま使う事です。フレーバーティーは茶葉にハーブは花、果物の香料などを混ぜた紅茶の種類で、そのフレーバーは紅茶の香りや風味を更に引き出します。

ブレンドティーは、複数の茶葉をミックスして作られた種類の事で、茶葉をブレンドする事によって、一つの茶葉だけでは味わえない様な香りや風味は味わえます。

厳密には紅茶とハーブティーは別の種類に分けられており、紅茶は茶葉を発酵させたもので、ハーブティーは草や花などのハーブを乾燥させた物と、紅茶にハーブをフレーバーとして加えたものの両方の事を言います。しかし、一般的にはハーブティーはフレーバーティーの中の一種だと捉えられています。

まとめ

紅茶の茶葉の種類には、産地やグレード、による分類と、更にフレーバーやブレンドなどの方法によるほぼ無限大の紅茶茶葉の種類があります。

世界三大茶葉と呼ばれるようなものは値段が高いものも多いので、中々気軽に楽しむことは出来ませんが、一度は味わってみたい紅茶でしょう。

紅茶の世界は非常に奥が深くて、値段が高いものが必ずしも自分の好みに合うとは限らず、フレーバーティーやブレンドティーなどは好みに合わせて茶葉の種類を配合出来るので、必ず好みの茶葉が見つかる事でしょう。

色々な紅茶を味わうことが、自分の新たな紅茶の好みを開拓するきっかけになるかもしれませんね。

 

人気の通信教育はこちら

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る